むっつり右門捕物帖 鬼面屋敷
ホーム > 作品情報 > 映画「むっつり右門捕物帖 鬼面屋敷」
メニュー

むっつり右門捕物帖 鬼面屋敷

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

佐々木味津三の原作から「俺も男さ」の山本嘉次郎と加藤泰が共同で脚本を書き、山本嘉次郎が監督に当る。撮影は「ゴジラの逆襲」の遠藤精一。出演者は、「旗本やくざ(1955)」の嵐寛寿郎、「お笑い捕物帖 八ッあん初手柄」の榎本健一、「森繁の新入社員」の柳家金語楼、「男ありて」の志村喬、「潮騒(1954)」の宮桂子、「制服の乙女たち」の河美智子のほかに上田吉二郎、小杉義男、楠トシエ、今村浩など。

ストーリー

浪人風の男が盛り場で斬殺される事件が江戸で続発した。むっつり右門はおしゃべり伝六に死人の身元を洗うことを命じ、一方右門の同輩与力あばたの敬四郎も犯人捜査に乗り出した。被害者は皆大久保石見守に関係のある者で、石見守は黄金を秘蔵し謀叛したとの嫌疑でお家断絶になっていた。殺人現場に近い料亭新月で、女将お新の養女お鶴から当夜浪人がいたことを聞いた右門は、彼女の守袋の紋が菱に蛇の目の大久保家の紋であることに気づいた。伝六の長屋の家主金兵衛の娘お咲は浪人川島彦太夫の息子小太郎に夢中だった。彦太夫の印籠の紋が大久保家のと聞いた右門は、彦太夫を尋ねた。彦太夫は元家老で黄金埋蔵の地図を持ち、姫君を探していた。右門の推察通りお鶴こそその姫君で、この噂は間もなく江戸中に拡まった。伝六は事件当夜に新月へ来た浪人、赤羽兵助が旗本渡良瀬官兵衛の鬼面屋敷に居ることをつきとめた。官兵衛は黄金横取りを企て、兵助に関係者を斬らせていたのだった。彦太夫が官兵衛一味に拉致されたが、公儀の許可が下りず右門はなす術がなかった。地図の在所を話したが黄金がなかった為に彦太夫は兵助に斬られ、右門の家へ逃げ込んで絶命した。怒った右門はついに鬼面屋敷へ乗り込み、父の仇をと駈けつけた小太郎と共に一味を亡した。楽しげに肩を並べるお鶴と小太郎を見送るむっつり右門の顔に、明るく陽がさしていた。...

スタッフ

監督
脚本
山本嘉次郎
加藤泰
原作
佐々木味津三
製作
竹井諒
撮影
遠藤精一
美術
北猛夫
音楽
渡辺浦人
録音
宮崎正信
照明
大沼正喜

キャスト

作品データ

製作年 1955年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 85分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi