歌え!青春 はりきり娘
ホーム > 作品情報 > 映画「歌え!青春 はりきり娘」
メニュー

歌え!青春 はりきり娘

劇場公開日

解説

「不良少年の母」の八田尚之のオリジナル・シナリオを「ジャンケン娘」のコンビ杉江敏男が監督、完倉泰一が撮影を担当した。主なる出演者は「笛吹若武者」の美空ひばりが二役(ただし一役は本人自身として出演)を演じ、「オテナの塔 (前篇)」「オテナの塔 (後篇)」の小泉博、「朝霧(1955)」の久保明など。美空は「ペンキぬりたて」などの新曲を歌う。

ストーリー

野溝トミコは東京の真中を走るバスの見習車掌である。美空ひばりと瓜二つだが、鼻の横に大きなホクロがあるので「びばりちゃん」と呼ばれ、営業所の人気者である。このびばりちゃんに二つの悩みがあった。一つはひばりとは似ても似つかぬ大音痴、も一つはお父さんが家にいないことだ。そのお父さんも今は一緒に逃げた女給に捨てられ、小さな周旋屋を開いているが、お母さんとは意地の張りっこで元の鞘には納まりそうもない。ある日、びばりちゃんはバスの中でひょっこりお父さんに逢った。営業所へ帰ってからの身体検査で、びばりちゃんのポケットから千円紙幣が一枚出て来た。てっきりお父さんの仕業と睨んだびばりらゃんは証しをたてて貰うため、住居を訪ねてお父さんに帰ってくれと頼むが、きいてくれない。やがて、一人前の車掌になったびばりちゃんは、同僚クルミちゃんのはからいで本物の美空ひばりに会えることになった。撮影所のセットで「糸屋の娘」を踊っていたひばりは、「生れつきの音痴なんてないのよ」と励ましてくれた。その言葉で自信をとりもどしたのであろうか、びばりちゃんは上手に歌えるようになった。それからというもの、びばりちゃんは人生が楽しくてならない。お父さんとお母さんは仲直りしてくれたし、毎日、びばりちゃんのバスに乗って仲良しになった大学生が、一人前の会社員になって刷り立ての名刺をくれたのである。その中谷一博と十五分だけ駅のプラットフォームで会うことが出来、十五円づつ出し合って飲んだミルクコーヒーの甘さが、いつまでもびばりちゃんの舌に残っているのだった。...

スタッフ

監督
脚本
八田尚之
製作
杉原貞雄
撮影
完倉泰一
美術
村木忍
音楽
米山正夫
録音
保坂有明
照明
大沼正喜
編集
岩下広一
製作担当者
黒田達雄
助監督
野長瀬三摩地
スチール
荒木五一
振付
県洋二
花柳啓之

キャスト

作品データ

製作年 1955年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 84分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

歌え!青春 はりきり娘[DVD] 勢揃い東海道[DVD] ひばり・橋の花と喧嘩[DVD] 恋すがた狐御殿[DVD]
歌え!青春 はりきり娘[DVD] 勢揃い東海道[DVD] ひばり・橋の花と喧嘩[DVD] 恋すがた狐御殿[DVD]
発売日:2005年3月25日 最安価格: ¥3,791 発売日:2016年1月6日 最安価格: ¥1,728 発売日:2007年5月25日 最安価格: ¥3,201 発売日:2005年3月25日 最安価格: ¥3,791
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi