家光と彦左と一心太助
ホーム > 作品情報 > 映画「家光と彦左と一心太助」
メニュー

家光と彦左と一心太助

劇場公開日

解説

「森の石松鬼より恐い」の コンビ小国英雄の脚本を、沢島忠が監督した一心太助シリーズの第四作。撮影も「森の石松鬼より恐い」の坪井誠。

ストーリー

元和九年の元旦。江戸城に大事件が起った。秀忠の嫡子、次代将軍の家光が毒殺されかかったのである。家光の弟忠長を偏愛する北の方が本多上野介らと組み、家光を亡きものにしようとしているのだ。家光の乳母春日局、大久保彦左衛門らはこれを憂慮した。彦左は将軍剣術指南柳生宗矩と対策をねった。彦左の一の子分魚屋の一心太助が新年の挨拶に来た。正装した太助は、家光と瓜二つだった。彦左にアイデアが浮んだ。家光と彦左の身分を入れかえるというわけである。太助は気狂いに化けた。家光も高熱のあまり頭がおかしくなったというので、太助と家光は姿を入れかえることに成功した。家光の太助は、魚河岸に行って太助の人気を知った。本多上野介につながるゴロツキどもが魚河岸の差配権を手に入れようとして暴れたが家光と十兵衛が彼らをノシた。江戸城に入りこんだ太助はトンチンカンぶりを発揮した。家光が気狂いになったと思いこんだ本多一味は、秀忠の代りに経書御講釈事始を家光がするよう願い出た。しかし、太助と家光の早がわりによって事なきをえた。長屋に戻った家光はいじめられる巳之吉を後妻の子供の次郎松が必死にかばっているのを見、弟の忠長に冷たかったわが身を反省した。その頃、太助の家光は忠長によび出され、逆心のないことを訴えられた。忠長が本多一派の陰謀を表沙汰にできないのは、一味の中に母北の方がいるからなのだ。太助は身分をうちあけ、忠長を連れて彦左邸に行き、家光と会わせた。家光、忠長は初めてお互いの気持を知った。その時、鳥居土佐の暗殺団が邸内になだれこんだ。魚河岸の連中や長屋の住人が助勢に駈けつけ、忠長は鳥居土佐を斬った。元和年六月、将軍秀忠は家光に将軍職を譲るため上洛した。...

スタッフ

監督
脚本
小国英雄
企画
中村有隣
小川貴也
撮影
坪井誠
美術
井川徳道
音楽
鈴木静一
録音
東城絹児郎
照明
和多田弘
編集
宮本信太郎

キャスト

作品データ

原題 The Shogun and the Fishmonger
製作年 1961年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 93分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • "一心如鏡" “一心如鏡” コメディ時代劇としてかなりの面白さ。 以前に観賞済みの為に、初見の時程笑わなかったにしろ、錦之助による1人2役、緩急付けた演じ分けは何度も爆笑に近い笑いで笑わせてくれて、見事の一言... ...続きを読む

    松井の天井直撃ホームラン 松井の天井直撃ホームランさん  2015年4月5日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

それからの武蔵 DVD-BOX[DVD] 日蓮[DVD] 破れ傘刀舟 悪人狩り DVD-BOX(1)[DVD] 破れ傘刀舟 悪人狩り 19[DVD]
それからの武蔵 DVD-BOX[DVD] 日蓮[DVD] 破れ傘刀舟 悪人狩り DVD-BOX(1)[DVD] 破れ傘刀舟 悪人狩り 19[DVD]
発売日:2003年7月25日 最安価格: ¥25,704 発売日:2005年2月25日 最安価格: ¥3,818 発売日:2007年3月28日 最安価格: ¥49,896 発売日:2007年5月16日 最安価格: ¥808
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

家光と彦左と一心太助
家光と彦左と一心太助
2013年12月28日
¥324
DMM.com

他のユーザーは「家光と彦左と一心太助」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi