泉(1956)
ホーム > 作品情報 > 映画「泉(1956)」
メニュー

泉(1956)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

故岸田国士が昭和十四年に発表した小説を「続々獅子丸一平」の松山善三が脚色、「美わしき歳月」の小林正樹が監督、「燃ゆる限り」の森田俊保が撮影を担当した。主なる出演者は、「胸より胸に」の有馬稲子、「黒帯三国志」の佐分利信、「白い橋」の佐田啓二、「角帽三羽烏」の中川弘子、「君美しく」の桂木洋子、「「石狩川」より 大地の侍」の加東大介など。

ストーリー

浅間山麓の曽根集落は、水源地の問題で土地の人々と土建会社の間に争いが絶えない。講演会の途中、大沼博士に随行して実業家立花公房の別荘を訪ねた少壮植物学者幾島暁太郎は、立花の秘書斎木素子に思慕の情を寄せるが、素子の本心が掴めず悩んだ。まもなく妻と別居中の立花がとつぜん謎の自殺をとげ、素子は立花が投資している土建会社の社長田沢の秘書になった。二年間も幾島を慕いながら、打ち明けずにいる大里町子は友人の尽力で幾島に会うが、彼が素子を恋していると知って悲しくも諦めようとした。一方、素子から曽根集落の黒岩万五のような野性的な男が好きだといわれた幾島は、一切を清算して紀州の自然科学博物館に就職した。ある日、幾島は見学団の中に町子の姿を見出したが、町子は憤りをこめた眼で逃げ去るのだった。そのころ、素子は田沢の指図で立花別荘をホテルに改造するため、浅間山麓にあったが、水源地問題は、土建会社と小峰喬を先頭とする村の人々の対立に不穏な空気をはらんでいた。その渦中へ、紀州から町子を追って上京した幾島が、立花夫人の自殺を告げに現われた。素子は初めて、互に憎みきれなかった立花夫妻の愛情を知った。幾島が探し当てた新しい水源地が、黒岩の仕掛けたダイナマイトでひらかれた。歓声と共に水がしぶきを上げて噴き出た瞬間、黒岩は傷つき彼を慕う小峰の妹セツ子が駈け寄った。数日後、幾島は素子が採ってくれた“こもちしだ”を記念に山を降りて行くのだった。...

スタッフ

監督
脚色
松山善三
原作
岸田国士
製作
桑田良太郎
撮影
森田俊保
美術
平高主計
音楽
木下忠司
録音
西崎英雄
照明
須藤清治

キャスト

作品データ

原題 The Fountainhead
製作年 1956年
製作国 日本
上映時間 129分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

小津安二郎生誕110年・ニューデジタルリマスター 秋日和[Blu-ray/ブルーレイ] お茶漬の味[DVD] あの頃映画 松竹DVDコレクション 戸田家の兄妹[DVD] 松竹新三羽烏傑作集 三羽烏三代記[DVD]
小津安二郎生誕110年・ニューデジタルリマスター 秋日和[Blu-ray/ブルーレイ] お茶漬の味[DVD] あの頃映画 松竹DVDコレクション 戸田家の兄妹[DVD] 松竹新三羽烏傑作集 三羽烏三代記[DVD]
発売日:2014年3月8日 最安価格: ¥3,926 発売日:2005年8月27日 最安価格: ¥3,292 発売日:2013年7月6日 最安価格: ¥1,929 発売日:2012年5月25日 最安価格: ¥1,455
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi