いいかげん馬鹿
ホーム > 作品情報 > 映画「いいかげん馬鹿」
メニュー

いいかげん馬鹿

劇場公開日

解説

「馬鹿まるだし」の山田洋次「下町の太陽」の熊谷勲と大嶺俊順が共同でシナリオを執筆、山田洋次が監督した人情もの。撮影もコンビの高羽哲夫。

ストーリー

捨て子の安吉は源太爺さんに拾われ、瀬戸内海の平和な島で自由気ままに育った。そのころ疎開してきた少女弓子は、安吉にとって近づき難いアイドルであった。ある日安吉は弓子に海の底の魚をみせてくれとせがまれ、二人は海に小舟をのりだした。しかし舟は沖に流され、やっとの思いで救け出されたものの、安吉は源太爺さんにこっぴどく怒られたことから島を逃げ出した。それから十年、弓子は岡山大学に通学し、安吉はすっかり調子のいい男になっていて、島の文化に貢献するという触れ込みで三流楽団を連れて帰ってきた。しかしインチキ楽団といかがわしいショウですっかり信用をおとした。おりもおり源太爺さんの弟茂平がブラジルで成功して帰ってきた。安吉はそれに便乗し、ブラジルへ行くことを宣伝したが、捨て子の彼には戸籍が無いため渡航は出来なかった。引込みがつかなくなった安吉は、密航を企てたが失敗した。町は、安吉の馬鹿さかげんを笑うことで話題が賑った。それから一年安吉は小説家舟山を連れて帰って来た。村長はこの機会に島を大々的に紹介してもらおうと、連日大サービス。しかし舟山は偽物とわかり、安吉はまた借金をしょいこんでしまった。だが舟山が書いたドラマに島が紹介されたため島はレジャーブームでわきかえった。勢いづいた安吉は底をガラス張りにした観光船をつくったがそれが沈んでしまい、またまた島を逃げ出した。時が流れ、島には沈まない水中観覧船が出現し島は安手な観光地に変っていった。小学校の先生となった弓子は修学旅行で大阪に行き、水中メガネを売る安吉の姿をみつけた。弓子の声に振りかえった安吉の首にはいつか贈った赤いスカーフがまかれていた。...

スタッフ

監督
脚本
山田洋次
熊谷勲
大嶺俊順
製作
脇田茂
撮影
高羽哲夫
美術
浜田辰雄
音楽
池田正義
録音
松本隆司
照明
戸井田康国
編集
浦岡敬一
スチール
長谷川宗平

キャスト

作品データ

製作年 1964年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 86分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

いいかげん馬鹿[DVD] いいかげん馬鹿[DVD] 遙かなる山の呼び声[DVD] 花のお江戸の無責任【期間限定プライス版】[DVD]
いいかげん馬鹿[DVD] いいかげん馬鹿[DVD] 遙かなる山の呼び声[DVD] 花のお江戸の無責任【期間限定プライス版】[DVD]
発売日:2012年12月21日 最安価格: ¥1,990 発売日:2005年7月29日 最安価格: ¥3,283 発売日:2012年12月21日 最安価格: ¥1,990 発売日:2014年9月17日 最安価格: ¥2,700
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

いいかげん馬鹿 いいかげん馬鹿 いいかげん馬鹿
いいかげん馬鹿 いいかげん馬鹿 いいかげん馬鹿
2016年3月5日 2013年12月27日 2013年12月29日
¥933 ¥324 ¥300
Hulu GYAO!ストア Google Play
※2週間は無料

他のユーザーは「いいかげん馬鹿」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi