雨あがるのレビュー・感想・評価

メニュー

雨あがる

劇場公開日 2000年1月22日
9件を表示 映画レビューを書く

最後の奥さんと殿様がよかった。

最後の奥さんと殿様がよかった。

へまち
へまちさん / 2017年11月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

殿様の人柄

掛け勝負は、何のためにやるか!貧しい人を助けるため

atti1970
atti1970さん / 2017年9月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これを黒澤明に捧げるのか・・・。

これを黒澤明に捧げるのか・・・。

擬人法
擬人法さん / 2016年9月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子どもに見せたい

緑溢れる農村を舞台に、心優しい浪人とその妻と、市井の人々を描いた映画で、
含蓄に富んだ道徳的な内容。タイトルの通り、清々しい気持ちになれる。

行為の是非はどこを見るのかとか、支えあい、
というようなことがテーマになっているが、
それを表現するための素材が的確で、上手い。

そして、宮崎美子演じる武士の妻がハマり役
一歩後ろから控えめに夫を立てる感じで現代では賛否両論かもしれないが、
それでもやっぱり、理想の一つだと思う。

もりり
もりりさん / 2016年8月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本当の幸せとは…

寺尾聡の殺陣シーンが良い。
それまでの、ひょうひょうとした優しい雰囲気が一変、緊張感と殺気が画面に伝わってきます。

そして、時折見せる人間味のある姿も魅力的です。それにより、チャンスを逃しているようにみえますが…

まるで大パノラマを見ているような作風に心洗われる作品です。

にゃんた
にゃんたさん / 2016年4月26日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本当にお強い方は、どんなに善良に生まれついても、誰かしらの恨みを買ってしまうでしょうに

自分を信じてくれる人がいる。
だからこそ、何をしたかよりも、何のためにしたのか。
宮崎美子が美しい。
90分の映画はあっという間に終わる。

よしひと
よしひとさん / 2014年8月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

寺尾聡よかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 寺尾聡が凄腕の剣客であるにもかかわらず人柄がよすぎて、周囲のひがみを買ってしまい、どこに行ってもうまくやれないという人物を演じていた。そんな非の打ちどころのない人物は、ドラマとして嫌ったらしいに決まっているのだが、寺尾聡からにじみ出る人柄のよさで好ましく見て応援したくなった。

 人柄のよさだけではなく、殺陣のシーンは長回しが多く、本当にすごい剣の腕前になっているかのようであった。殺陣シーンはどれも素晴らしかった。

 しかし、本音を言えば、剣の腕が一流でも人格がクソで嫌われ者が主人公の映画が見たい。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2014年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本の美を表す雰囲気

総合70点 ( ストーリー:60点|キャスト:80点|演出:75点|ビジュアル:75点|音楽:65点 )

 日本の自然と夫婦愛と倫理の美しさが表された作品だった。しっとりと落ち着いた雰囲気があって、そして晴れ晴れとした爽やかな気持ちと幸せの予感が残った。

 でも気に入らない部分も多い。まず貧乏というのはこんなに甘くないのではないだろうか。その日に食べるものもなくなり雨でも宿泊料もなくなりとなれば、惨めな状況に黙って耐えているわけにもいかなくなるし揉め事も増えるものだ。いつまでも道場破りばかりしているわけにもいかないだろう。それから剣術を習った武士相手に素手で対抗なんてのは強くても平和的という主人公の印象が出来ていい人に見えるのだが、これは明らかにやりすぎでそんなことが出来るわけがない。全体に謙虚で慎ましい善良な日本の美が描かれているのだが、綺麗ごとが続いて逆に空々しいなとも思った。
 それと殿様役の三船史郎、滑舌が悪いし科白回しも下手。黒沢監督にささげる映画ということだけど、彼は名前負けしていた。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい映画ってこういうのんやな!

こういう映画を見てしまうともっといろんな映画を見たくなる!

演者の表情、立ち居振る舞い、話し方が完成されてて、
何回見ても面白い!

とくに宮崎美子の表情が印象深くて、いくら武士で立場をわきまえてても
先のことを考えて案ずるあの表情は言葉がなくても伝わる。

この時代の武士の妻は三歩後ろを歩く関係というけど、その距離でも旦那の人生を舵取りしてる姿が言葉少なくとも良く表現できてると思う!

こんな奥さんを見つけられるように頑張ろうw

lomolabo
lomolaboさん / 2012年1月13日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

9件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi