安宅家の人々
ホーム > 作品情報 > 映画「安宅家の人々」
メニュー

安宅家の人々

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

原作は毎日新聞連載の吉屋信子の小説。脚本は「せきれいの曲」の水木洋子、監督と撮影は「生き残った弁天様」の久松静児に高橋通夫。出演者は「死の街を脱れて」の船越英二に三橋達也、「西陣の姉妹」の田中絹代、「雪崩(1952)」の乙羽信子、「娘初恋ヤットン節」の三條美紀に、山村聡、小沢栄などである。

ストーリー

安宅宗一は生れつきの精神薄弱者だったが、徹底的な善意の人間で美しい心を持っていた。元、安宅家の執事の娘国子が、その妻となっていたが、彼女は大変なしっかり者であったが、あくまでも宗一を良人と立て、親ゆずりの広大な家屋敷で、養豚場を経営して、安宅家を立派に護り通していた。宗一には異母弟で妾腹の子譲二があったが、彼は派手好きの我ままな放蕩者で、親から受けついだ財産はすべて失って、宗一の屋敷内の家へ移り住んできた。譲二の妻雅子は、夫が兄の宗一を馬鹿にしているのにひきかえ、その善良さを尊敬し、国子の仕事に協力した。譲二は更に事業に失敗し、その負債を嫂の国子に清算してもらって、養豚場の事務長の椅子を与えられたにも関わらず、使用人たちをおだてて、ストライキを企み、見事に失敗してしまった。譲二夫婦が去った後、国子は宗一が雅子を愛しはじめていたことに気がついたが、その宗一も事故で死んでしまった。安宅家の相続問題で、国子は再び譲二や親類の人々に苦境に立たせられるが、敢然としてたたかい、その全財産を投じて不幸な精神薄弱者に奉仕することを誓い、雅子も譲二と離婚して、国子に従うのだった。...

スタッフ

監督
脚本
水木洋子
原作
吉屋信子
撮影
高橋通夫
美術
柴田篤二
音楽
古關裕而

キャスト

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 116分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

安宅家の人々[DVD] 熱中時代 教師編 II Vol.2[Blu-ray/ブルーレイ] 婦系図[DVD] 熱中時代 教師編 II Vol.3[Blu-ray/ブルーレイ]
安宅家の人々[DVD] 熱中時代 教師編 II Vol.2[Blu-ray/ブルーレイ] 婦系図[DVD] 熱中時代 教師編 II Vol.3[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2016年10月28日 最安価格: ¥2,000 発売日:2010年1月27日 最安価格: ¥6,601 発売日:2016年4月27日 最安価格: ¥1,854 発売日:2010年1月27日 最安価格: ¥6,601
Powered by 価格.com

他のユーザーは「安宅家の人々」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi