朝の波紋
ホーム > 作品情報 > 映画「朝の波紋」
メニュー

朝の波紋

劇場公開日

解説

スタジオ8プロ第二回作品で、第一回作品「わかれ雲」と同じく平尾郁次の製作、館岡謙之助の脚本、五所平之助の監督、三浦光雄の撮影というスタッフである。原作は高見順の朝刊『朝日新聞』連載の小説である。主演は「続佐々木小次郎(1951)」を最後にフランスへ行き、半ヶ年ぶりで帰って来た高峰秀子の最初の出演、他に「風ふたたび」の池部良、「山びこ学校」の岡田英次、「嵐の中の母」の香川京子、「大空の誓い」の上原謙、その他汐見洋、三宅邦子、沢村契恵子、外国人のアドリアン・アンベールなどである。

ストーリー

瀧本篤子は、貿易会社三光商事の社長秘書として、巧みな英語と事務処理の腕前とをかわれていた。彼女の家には親類の健ちゃんという少年をあずかっていた。健ちゃんの父は戦死し、母は箱根でホテル勤めをしていた。健ちゃんの仲良しにイノさんこと伊能田二平太という青年がいる。彼も富士商事という大きな貿易会社に勤めているが、元々学究的で英会話の苦手な彼はたびたび会社でヘマをやる。社長の外遊中、篤子はバイヤーのブラットフォード氏から大きな仕事をもらう。営業部長の久富が渋るのを、梶五郎という青年社員は篤子を助けてこの仕事をやりとげようという。そのため篤子は間に合わない注文品の催促に梶と神戸まで出かけて行く。ブラッドフォード氏との契約は元は富士商事のものだったので篤子は、色々な障害はイノさんが故意にやっているものと誤解するが、実はかえって彼が篤子のため尽力していてくれた事実を知って感謝する。そのためか神戸で梶からの求婚も篤子には何となく素直に受取れないものがあった。イノさんは同僚が胸の病気で苦しんでいることから、新薬ストレプトマイシンの困難な輸入契約をなしとげて、初めて社長から大いに認められる。その成功のお礼に彼は健ちゃんの母、お加代さんを会社に雇ってもらうことにして箱根から呼び寄せるが、その頃健ちゃんは愛犬のペケを捨るようにといわれたことから家出してしまう。健ちゃんの行方を探すイノさんの真剣な態度を見て篤子は初めて自分の求めていた人が彼であったことに気がついたのだった。...

スタッフ

監督
脚本
館岡謙之助
原作
高見順
製作
平尾郁次
撮影
三浦光雄
美術
進藤誠吾
音楽
斎藤一郎

キャスト

作品データ

原題 A Ripple in a Morning
製作年 1952年
製作国 日本
上映時間 104分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
5.0 5.0 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

木下惠介 DVD-BOX 第3集[DVD] 木下惠介生誕100年 永遠の人[DVD] 木下惠介 DVD-BOX 第2集[DVD] 木下惠介生誕100年 衝動殺人 息子よ[DVD]
木下惠介 DVD-BOX 第3集[DVD] 木下惠介生誕100年 永遠の人[DVD] 木下惠介 DVD-BOX 第2集[DVD] 木下惠介生誕100年 衝動殺人 息子よ[DVD]
発売日:2005年5月28日 最安価格: ¥36,000 発売日:2012年9月26日 最安価格: ¥1,990 発売日:2005年3月29日 最安価格: ¥29,953 発売日:2012年9月26日 最安価格: ¥1,990
Powered by 価格.com

他のユーザーは「朝の波紋」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi