いのちの食べかた
ホーム > 作品情報 > 映画「いのちの食べかた」
メニュー

いのちの食べかた

劇場公開日

解説

誰もが毎日のように口にしている肉や魚、果物や野菜といった食べ物が、どのようにして食卓へと辿り着くのかを追ったドキュメンタリー。近年、食糧生産の現場では、大量生産のために家畜や魚までも機械で管理せざるを得ない状況となっている。オーストリアのドキュメンタリー作家、ニコラウス・ゲイハルターが2年の歳月をかけてその現場を取材し、作業の様子を淡々と綴ることで、“いのちを食べる”ことの真実を浮き彫りにしていく。

スタッフ

監督
脚本
ウォルフガング・ビダーホーファー
ニコラウス・ゲイハルター
撮影
ニコラウス・ゲイハルター

キャスト

作品データ

原題 Unser taglich Brot
製作年 2005年
製作国 ドイツ・オーストリア合作
配給 エスパースサロウ
上映時間 92分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全13件)
  • 善とか悪とかの問題ではない 人類が種として存在していく為には避けられない現実。 ショッキングな部分を観て非難しようが現実だから仕方ないと受け止めようが関係ない。どう足掻いても繰り返される日常 ...続きを読む

    棒人間 棒人間さん  2017年12月10日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 食物の生産システムを記録したドキュメンタリーの傑作。 説明は一切な... ネタバレ! 食物の生産システムを記録したドキュメンタリーの傑作。 説明は一切なくナレーションもない。 なにもかもが効率よく衛生的に大量につくるため機械化されてる。 完全に管理された衛生的な環境の中でつくられ... ...続きを読む

    yonda? yonda?さん  2017年2月11日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 偏向的 食糧生産の機械的、無機的な部分を映したドキュメンタリー。 映像に対する説明は一切ない。 しかしそれは「ありのまま」を見せているわけではない。 なぜなら、映像自体を選別しているから。 つまり中立的... ...続きを読む

    もりり もりりさん  2016年8月28日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「いのちの食べかた」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi