この道は母へとつづく
ホーム > 作品情報 > 映画「この道は母へとつづく」
メニュー

この道は母へとつづく

劇場公開日

解説

母を探すために孤児院を脱走したという少年の実話を基に製作され、05年ベルリン国際映画祭の少年映画部門グランプリを受賞したドラマ。ロシアの辺境の孤児院で育ち、イタリアの夫婦に引き取られることが決まった6歳のワーニャだが、ある日、先に養子にもらわれていった友達の本当の母親が孤児院に現れ、まだ見ぬ母への思いが募る。自分が養子にいった後に本当の母親が現れたらと不安になったワーニャは、孤児院を抜け出して母親を探す旅に出るが……。

スタッフ

監督
アンドレイ・クラフチューク
脚本
アンドレイ・ロマーノフ
撮影
アレクサンドル・ブーロフ
音楽
アレクサンドル・クナイフェル
美術
ウラジーミル・スベトザロフ

作品データ

原題 Italianetz
製作年 2005年
製作国 ロシア
配給 アスミック・エース
上映時間 99分
オフィシャルサイト  

インタビュー

“外の世界”に踏み出した少年の物語が生まれたいきさつ
インタビュー

産みの母親を知らない6歳の孤児の少年が、母を探すために孤児院を抜け出し、苦難の道を乗り越えていく姿を描くロシア映画「この道は母へとつづく」。05年のベルリン国際映画祭少年映画部門でグランプリを獲得した本作は、“ロシア版「母をたずねて三...インタビュー

映画評論

少年のピュアな衝動に心を打たれる
この道は母へとつづくの映画評論・批評

一見いかにもありそうなタイトルから容易に想像できるように、ストーリー自体に目新しさはない。だが本作の本質は、「母をたずねて三千里」のような古典的なストーリーに現代ロシアの社会問題を織り込んだところにある。99年のロシアで起こった金融破...この道は母へとつづくの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全9件)
  • 68点 みやすい 主人公もかわいらしいし、王道的なシンプルすとーりーで 見せ方も上手。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ...続きを読む

    2013年7月31日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 泣ける社会派! 確かに子どもが母を探すというストーリーではあるが、配給会社がつけたこの作品タイトル(原題は「イタリア人」)だけで見に来た人の中には、「あれっ、違うんじゃないの?」と感じた人もいたのではないだろう... ...続きを読む

    こもねこ こもねこさん  2013年3月12日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 今の日本人には足りないもの 主人公の男の子の演技がうますぎてすごく引き込まれる。 事実を元に作られてる内容で終始暗い。 主人公にとっては夢を抱いて母を探しに行ってるんやろうけど、 その夢が余りにも期待が薄い事を表現してか暗... ...続きを読む

    lomolabo lomolaboさん  2011年12月29日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「この道は母へとつづく」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi