サイボーグでも大丈夫
ホーム > 作品情報 > 映画「サイボーグでも大丈夫」
メニュー

サイボーグでも大丈夫

劇場公開日

解説

「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督が、精神クリニックを舞台に患者同士の恋を描いたファンタジック・ラブコメディ。妄想病患者の青年イルスンが入院している新世界精神クリニックに、自分のことをサイボーグだと信じる少女ヨングンがやって来た。イルスンは彼女に興味を抱き、その行動を観察し始めるのだが……。主演は人気歌手のRain(ピ)ことチョン・ジフンと「箪笥<たんす>」のイム・スジョン。

作品データ

原題 I'm a Cyborg, But That's OK
製作年 2006年
製作国 韓国
配給 東京テアトル
上映時間 107分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

憎悪よりも愛へと比重を移したパク・チャヌクの新世界
サイボーグでも大丈夫の映画評論・批評

おそらくパク・チャヌクを支持してきた観客の多くは、この新境地を否定するのだろう。「復讐」という大義の下に暴力を激しくスタイリッシュに描き続けてきた彼が、一見優しげなファンタジーへと移行したかのように見える。タランティーノ的な直情タッチ...サイボーグでも大丈夫の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • やっぱりパク・チャヌク ネタバレ! ポスターのビジュアルなどをみると、なんとなく不思議系で、少しカワイイ系のラブストーリーに……なんていう印象を受けなくもないですが、一筋縄でいかないのはやっぱりパク・チャヌク。乱射&流血がいかにも... ...続きを読む

    α αさん  2007年9月18日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi