それでも生きる子供たちへ
ホーム > 作品情報 > 映画「それでも生きる子供たちへ」
メニュー

それでも生きる子供たちへ

劇場公開日

解説

「マルコムX」のスパイク・リー(アメリカ)、「ライフ・イズ・ミラクル」のエミール・クストリッツァ(セルビア・モンテネグロ)、「シティ・オブ・ゴッド」のカティア・ルンド(ブラジル)ら世界各国の7組の監督たちが、それぞれの国の子供たちが置かれている過酷な状況を描いたオムニバス・ドラマ。ストリートチルドレン、少年兵、HIVなど、深刻な問題を突きつけられながらも逞しく生きていく子供たちの姿をリアルに映し出す。

スタッフ

監督
カティア・ルンド
ステファノ・ビネルッソ
撮影
トカ・セアブラ
ジェームス・ウィテカー
ミロラド・グルシーカ
フィリップ・ブレロー
ビットリオ・ストラーロ
ゼン・ニエンビン

キャスト

作品データ

原題 All the Invisible Children
製作年 2005年
製作国 イタリア・フランス合作
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間 130分
映倫区分 PG12

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全1件)
  • 平和を知らない子どもたち ネタバレ! 映画「それでも生きる子供たちへ」(監督7人)から。 両親の別離、ストリートチルドレン、HIV胎内感染、 少年兵士など、7つの国の子供たちの現実を、 7つの国の監督たちがドラマチックに描いた作品。... ...続きを読む

    shimo shimoさん  2008年9月23日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi