素粒子
ホーム > 作品情報 > 映画「素粒子」
メニュー

素粒子

劇場公開日

解説

ヨーロッパで大反響を呼んだミシェル・ウエルベックのベストセラー小説を映画化。親に捨てられた異父兄弟の姿を通し、現代社会が抱える様々な問題を浮き彫りにする。主人公ブルーノを熱演したモーリッツ・ブライブトロイは、本作でベルリン映画祭主演男優賞に輝いた。さらに、ブライブトロイとは「ラン・ローラ・ラン」以来の共演となるフランカ・ポテンテや「善き人のためのソナタ」のマルティナ・ゲデックらドイツ映画界を代表する俳優陣が集結。

作品データ

原題 Elementarteilchen
製作年 2006年
製作国 ドイツ
配給 エスパース・サロウ
上映時間 113分

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

文学臭さを遠ざけた、力の抜けた好篇
素粒子の映画評論・批評

個人的にも思い入れのある小説の映画化だけに、正直期待と心配が半々といった感じでこの映画を見たのだけど、これが予想以上に面白い。すばらしく知的で壮大な構想を備えた原作全体を再現するというより、あるエッセンスだけを抽出、文学臭さを遠ざけ、...素粒子の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全4件)
  • 原作レイプ いわゆる原作レイプのたぐいよね。この映画。 兄の設定も弟の設定も原作と設定変わりすぎてて、もはや原形をとどめてない。 まぁ、褒めてるのが原作読んでない人だけなんでお察しっすね。 うんこだね。 ...続きを読む

    yesman yesmanさん  2017年8月5日  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • 人間の生きる根源とは?性の喜びは生きる喜びへとなるのか? レンタルショップで何も考えずに借りた1本。観て「思わずビンゴ!!」やったと言うお得感で胸が一杯になる作品だった。 フラワーチルドレンと言われる60年代頃に時代を先行して、自由と平等、自然派と言う... ...続きを読む

    Ryuu topiann(リュウとぴあん) Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん  2011年10月26日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 過激な性描写と豊かな人間ドラマ ヨーロッパで大反響を呼んだ小説を映画化したという作品です。 物語のテーマとなるのは、ズバリ“性”と“愛”。 主人公はそれぞれ愛情に満たされず孤独な人生に行き詰まっている2人の異父兄弟。 2人の母... ...続きを読む

    live_at_luxor live_at_luxorさん  2009年10月23日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

ドッペルゲンガー 凍てつく分身[DVD] アグネスと彼の兄弟[DVD] ガーディアン[DVD] ノンストップ・バディ[DVD]
ドッペルゲンガー 凍てつく分身[DVD] アグネスと彼の兄弟[DVD] ガーディアン[DVD] ノンストップ・バディ[DVD]
発売日:2015年6月3日 最安価格: ¥1,000 発売日:2007年4月7日 最安価格: ¥3,292 発売日:2014年7月2日 最安価格: ¥3,175 発売日:2015年11月6日 最安価格: ¥3,285
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi