ニキフォル 知られざる天才画家の肖像
ホーム > 作品情報 > 映画「ニキフォル 知られざる天才画家の肖像」
メニュー

ニキフォル 知られざる天才画家の肖像

劇場公開日

解説

ポーランドが誇る天才画家ニキフォルの晩年を映画化。1960年代のポーランド南部を舞台に、言語障害を持つ頑固で変わり者の老人ニキフォルと、自分の人生を犠牲にしてまで彼の晩年を見守った後見人マリアン・ボシンスキとの絆を描き、世界各国の映画祭で数々の賞を獲得した。ニキフォルに扮するのは86歳のベテラン女優クリスティーナ・フェルドマン。男性であるニキフォルの晩年の姿を、まるで生き写しのように熱演している。

作品データ

原題 Moj Nikifor
製作年 2004年
製作国 ポーランド
配給 エデン
上映時間 100分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

善意から生まれる人間同士の繋がりが、世界を変えていく
ニキフォル 知られざる天才画家の肖像の映画評論・批評

20世紀のポーランドで異彩を放った天才画家ニキフォル。言語障害があり、読み書きもできず、独学で画家となった彼は、金銭や名声に興味を示すこともなく黙々と絵を描き続け、独自の画風を切り開いた。そんな画家の晩年を描いた「ニキフォル/知られざ...ニキフォル 知られざる天才画家の肖像の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.5 4.5 (全1件)
  • ひたすら天才は天才なのでした 天才は変人なのです!(きっぱり) ニキフォルを演じていたのがポーランドの名女優(惜しくも日本公開中に亡くなった)。 この逆パターンが「ここに幸あり」で主人公の母役を演じたミシェル・ピコリですね。 ...続きを読む

    Kocmoc Kocma Kocmoc Kocmaさん  2008年7月27日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ニキフォル 知られざる天才画家の肖像」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi