桃太郎 海の神兵
ホーム > 作品情報 > 映画「桃太郎 海の神兵」
メニュー

桃太郎 海の神兵

劇場公開日

解説

1945年、第2次世界大戦末期に海軍省の依頼で製作された日本初の長編アニメーション。桃太郎を筆頭にサル、イヌ、キジ、クマらで構成された落下傘部隊が、南方の鬼ヶ島へ向かうといった内容で、国策映画として製作されたが、5万枚のセル画を使用したというキャラクターの動き、ミュージカルアニメさながらの音楽効果などのクオリティの高さで、日本アニメーションの原点とも評価されている。脚本・演出を担当した瀬尾光世監督は「くもとちゅうりっぷ」を手がけ、「日本アニメーションの父」といわれた政岡憲三に師事し、政岡は本作で影絵のパートで参加。35ミリのマスターポジとインターネガを4Kでスキャンし、2Kで修復作業をおこなったデジタル修復版が2016年の第69回カンヌ国際映画祭クラシック部門で初上映され、日本でも劇場公開される。

スタッフ

監督
構成
熊木喜一郎
脚本
瀬尾光世
影絵
政岡憲三
美術背景
黒崎義介
田中武重
音楽監督
古関裕而
作詞
サトウ・ハチロー

キャスト

作品データ

製作年 1945年
製作国 日本
配給 松竹
日本初公開 1945年4月
上映時間 74分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.3 4.3 (全1件)
  • 必見。 本作が製作された背景を見れば、日本が歩んだ歴史そのものが見えてくる。 映画ののどかな風景とは違い、現実として本土の平和が失われてしまったことが何とも悲しい。 戦意高揚映画でありながら、ディズニー... ...続きを読む

    メロt メロtさん  2016年7月25日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「桃太郎 海の神兵」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi