マリー・アントワネットのレビュー・感想・評価

マリー・アントワネット

劇場公開日 2007年1月20日
21件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

キルスティン・ダンストが可愛い

とにかく画面の美しいこと。配役もいいです。キルスティン・ダンストは、素直で愛嬌があってワガママなキャラにぴったり。ラストのシーンは感動。

miel_mv
miel_mvさん / 2017年3月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こんな生活に憧れますね 映像がまたおしゃれ さいごの方は子供と戯れ... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

こんな生活に憧れますね
映像がまたおしゃれ
さいごの方は子供と戯れるシーンがあり
マリー・アントワネットの映画ではめずらしいとおもった

文た
文たさん / 2017年2月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女子の女子による女子のための映画

カワイイ♪
おしゃれ♪
それだけでいいじゃない、て映画。
ようやく観られました。
ソフィア・コッポラのこのセンスはもっと色んな作品で観てみたいのに、最近あまり製作してないから残念…

そしてこのマリー・アントワネットは嫌いじゃない。
オーストリアにずっといられればよかったのにね。

本まぐろトロ子
本まぐろトロ子さん / 2017年2月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中盤からつまらない

序盤は良い!しかし、中盤からつまらなくなります。

Ayaka
Ayakaさん / 2016年7月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しさだけ

衣装とかカツラの美しさは本当にきれい。
だけどストーリーは…つまらない。
作業しながらとかならもう一度見たいかな、という感じ。

yccn
yccnさん / 2016年6月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

華やか!衣装がカワイイ!

豪華で可愛いファッション!
見ているだけで楽しい!

ダークな史実は、あまり描かれていない。
華やかな時代にフォーカスされている。
今までにない描き方で、
近代版マリー・アントワネットって感じ。

うさぎ
うさぎさん / 2015年11月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

取り敢えず

キルスティンダンストがムチムチ過ぎる、他の女優さんいなかったのか?

EMI
EMIさん / 2015年6月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像美◎

映像めっちゃ綺麗。
音楽たまに現代調で違和感。
全体的に淡々と話が進む。
ルイ16世がふがいなくてマリーが可哀想でした。浪費や浮気に走った気持ちも分からなくはない…
あとポリニャックやフェルゼン達との遊びっぷりに笑った。昔の人にもチャラい人種はいたんだなぁ…
久しぶりにべルばら読みたくなった。

李
さん / 2015年5月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

単調

ところどころTHE女子!っていう映像があり、普通にかわいかったと思う!が、私が歴史に乏しいせいか、あまり刺激的ではなく単調な話だった気がする、、よかったのは宮殿の再現度とファッション性が高いことかな…

にょん
にょんさん / 2015年5月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私の趣向の極み◡̈♥︎

音楽もファッションも世界観も。
俳優も全てのシーンの小物まで。
大好き。
色々迷っていた時期に親友が勧めてくれた大切な思い出の作品であり、私の価値観を良くも悪くも確立してくれた作品。

yumiquro
yumiquroさん / 2015年4月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

箱入り娘の一生

衣装やセットは本当にありがとう華やかで素敵。
女子が憧れる仕様になっています。
でも、ストーリーは淡々としていてこれと言って印象深いシーンはありませんでした。
美しい絵面が魅力的な作品です。

TKN
TKNさん / 2014年6月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

パケ借り出したが…

パケが可愛くて借りて見ました♡笑
とにかく、出てくるもの全てが可愛い♡♡♡
お菓子や洋服、アクセサリー…女の子の好きなものが溢れてました♡
ストーリーもマリーアントワネットの芯の強さが見られ、とても引き寄せられる作品です。

cocoa
cocoaさん / 2014年5月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像のみ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

とにかく可愛い。退屈だけど細かいところまで素敵。
女の子の好きが大集結という感じ。
あんな暮らししてみたい。
でもいろんな人から期待を寄せられていろいろ文句を言われてマリーアントワネットはかわいそうな女の子だったんだなと思った。
つまらなかったけど映像の可愛さで星ひとつおまけ。

ふうな
ふうなさん / 2013年2月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

豪華絢爛

スイーツ・衣装・帽子・風景・建物
全ての女の子の夢がここにはあるって感じです。
見た目美しいものが好きなら飽きずに見れるはず(私もその一人です・・・)

マリーの趣味に付き合ってくれない夫こそがベルサイユでは異端で
マリーはそれを許される身分にあったのです。王妃だし。
だから、たとえどんなに贅沢でも、たとえどんなに物を知らなくても
周りも咎めません。

多少歩み寄って行こうとした彼女を、逆に遠ざけようとしたルイ16世にも問題が。
本作では満たされない私生活を埋めようとして、贅沢ばかりしていた、というように描かれています。
まあ、真実は藪の中。

いずる
いずるさん / 2012年12月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ひま

単調で飽きる

そういう暮らしを描きたかったのかもしれないけど

あんまり感じるものがなかった

でもルイとマリーがまともな人間で歴史で学んだ2人とはイメージ違ってびっくりした

最後の終わり方が急に終わる

あんでぃー
あんでぃーさん / 2011年5月1日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全ては妻しだいです。優しく誘えばいいのです ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「マリー・アントワネット」(ソフィア・コッポラ監督)から。
正直、何を伝えたかったのか、よくわからなかった。
14歳で結婚、18歳でフランス王妃に即位、
世界一有名な王妃マリー・アントワネットを主人公にした
ドラマであることはわかるのだが・・。
そこで視点を変えて、どうして、なかなか
夫ルイと世継ぎ誕生の行為(セックス)が出来なかったか、を検証。(笑)
たぶん・・私の推測だけど・・
初めて出逢うシーン、彼女は夫となるルイ・オーギュストに呟く。
「まだ子どもみたい」
この台詞は、あまりクローズアップされていないが、
これから妻となる女性に、初対面でこんな台詞を言われたら、
男だったら、トラウマになるくらい落ち込むはず。(汗)
男としての自信が蘇るまで、時間が経ってしまった・・という
男側からの仮説であるが・・。
「ご懐妊なしには、影響力は持てません」とアドバイスした者もいる。
彼女のプレッシャーは、大変だったろうなぁ・・と感じながら、
彼女の母親のアドバイスを最後に残したい。
「全ては妻しだいです。優しく誘えばいいのです」

shimo
shimoさん / 2010年9月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前半、全開で、後半、息切れ

浪費と遊びが過ぎて民衆の断罪を受けたとされるマリー・アントワネットの半生をポップに描く試みは愉しめるが、これといった主張が無いため、後半は息切れしてダレてしまった。
ソフィア・コッポラの声が聞こえてきそうだ。
「ねぇ、ワタシの作ったマリー可愛いいでしょ! 彼女、最後はどうなったか、みんな知ってるわよね。だからワタシ、最後は手を抜いちゃったの。ウフフ…。」

マスター@だんだん
マスター@だんだんさん / 2010年6月3日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

豪華絢爛!

マリー・アントワネットの映画ですが、
歴史よりも人物について描かれています!

映画と言うより・・・PVみたいな感じ?でした。

劇中に出てくる可愛い服や帽子、靴、スウィーツ・・・
宮殿内の様子などがわかります!

挿入曲がクラシックのイメージが強いですが、
この作品ではロック中心の曲ばかりが流れていて面白かったです。

キルスティン・ダストが14歳の役を演じた事にビックリ(笑)

**coco**
**coco**さん / 2009年11月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

新解釈版「悲劇の王女」 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ソフィア・コッポラ監督、キルスティン・ダンスト主演。

18世紀。
14歳でオーストリアからフランスに嫁ぎ、18歳で王妃に即位したマリー・アントワネットの半生が描かれているんですが、
歴史的な事実よりもマリー・アントワネットという人物の心の動きに焦点を当てていて、なかなか面白かったです。

使われている音楽もクラシックではなく、ロックを中心とした現代的な曲で、
しかも、それだけではなくて、劇中に出てくる料理や宮殿内の様子、衣装etc...が本当に煌びやかで、それだけでも見応えがありました。

僕は実際に観に行くまでは「普通の歴史物の映画」という予想をしてました。
ところが、歴史的事実よりも人物中心に描かれていて、拍子抜けな部分もあったんですけど、全部見終わって「こういうのもアリかな」という印象を持ちました。

「普通の歴史物」を期待して観ると裏切られます(笑)。BGMはロックだし、マリーを中心とする登場人物もどこか現代的だし、誰もが知っている歴史物語はほとんど描かれません。でも、こういう視点で歴史上の人物を描くというのは面白いし一見の価値は充分にあると思います。

「ロスト・イン・トランスレーション」もそうでしたけど、女性監督ならではの感覚を感じた映画でした。
「スパイダーマン」の印象しかなかったキルスティン・ダンストも意外に(失礼)良かったっす。

だいすけ
だいすけさん / 2009年2月16日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

男には理解不能。

ソフィア・コッポラのロスト・イン・トランスレーションに続く2作目になります。妻の希望で借りたのですが、私個人的には好きになれませんでした。苦悩はあったにせよ、何だかずっと遊んでいるようで・・・。同じ王室ものでもThe Queenのほうが100倍練られていると思います。音楽だけは◎ですが・・・。妻に言わせると劇中のケーキや衣装が素晴らしいんだとか・・・。男にはわかりません。

dobuboba
dobubobaさん / 2008年7月27日 / から投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

21件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi