プレイタイム
ホーム > 作品情報 > 映画「プレイタイム」
メニュー

プレイタイム

劇場公開日

解説

「ぼくの伯父さん」のジャック・タチが膨大な時間と製作費をかけて挑んだ野心作で、全編を高画質の70ミリフィルムで撮りあげたフランス映画史上屈指の大作コメディ。半年以上もの時間を費やしてパリ東部に建設した巨大セット「タチ・ビル」の近未来的な都市を舞台に、就職の面接を受けるためにやって来たユロ氏とアメリカ人観光客バーバラのすれ違いや出会いをユーモラスに描く。公開当時、一部の批評家や映画ファンからは熱烈な支持を得たものの興行的には大失敗し、タチを破産に追い込んだ。タチの没後20年となる2002年にはカンヌ国際映画祭で「新世紀修復版」が上映され、再評価が進んでいる。14年、タチの監督作や出演作をデジタル復元版で上映する「ジャック・タチ映画祭」でリバイバル。

作品データ

原題 Playtime
製作年 1967年
製作国 フランス
配給 日本コロムビア
日本初公開 1969年6月14日
上映時間 124分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全2件)
  • 何とも不思議な映画だった ネタバレ! 冒頭の空港のシーンでは様々な人物をふらふらと追っているようで、何となく捉えどころがない。 モヤモヤとした気持ちで観続けていると、なるほどこの映画の主人公は「タチ・ヴィル」そのものなのだと得心する... ...続きを読む

    ホーリー ホーリーさん  2014年4月25日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 映画史上もっとも好きなシーン ラスト近くのレストランのシーンは映画史上僕がもっとも好きなシーン。あのテンションとユーモアセンス、デザインは何物も勝てない。全編通して人物、物、建築、音、音楽全てがデザインとしてうまく配置されて... ...続きを読む

    ゴエンノスケ ゴエンノスケさん  2014年2月24日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi