ブリジット・ジョーンズの日記 : 映画評論・批評

ブリジット・ジョーンズの日記

劇場公開日 2001年9月22日
2001年9月3日更新 2001年9月22日より日劇プラザほか全国東宝洋画系にてロードショー

世界中のシングル女性はブリジットを見て安心するのです

画像1

ふと気がついたら結婚をしておらず、ついでに30歳を過ぎていた。

……という女性──つまりはシングルトン──がいかにして生きるべきか。これはおそらく現在、全世界の都会という都会において、共通する問題なのではないかと思います。忍び寄る不倫の魔の手、老化にキャリアに親の老後と自分の老後……と、難題は山積。

シングルトン達は、なぜ迷うのか。と言えば、そこには規範が無いからでしょう。30代の独身女性など珍しくもない現代ではありますが、人類の歴史から見ればそれはまだ新種の生物。これさえクリアすればOKという基準も無ければ、目標とすべき人物像も設定されていないのです。

そんな世界に彗星の如く現れたのが、ブリジット・ジョーンズ。しかし彼女は、私達の規範となるべくして登場したのではありません。彼女は、「シングルトンの世界では何でもあり。とにかく、もがけ!」ということを身体で私達に示すために現れた女性。

そして世界中のシングルトン達は、ブリジットを見て安心するのです。彼女の正直な本能的欲求に。豪快なもがきっぷりに。そして、リアルなデブっぷりに……。

(酒井順子)

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全35件)
  • 和みます。 やはり当たっている作品はわかりやすいですね〜!誰かと観るのにおすすめです! ...続きを読む

    taikonomukashi taikonomukashiさん  2017年6月2日 18:02  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ●そのままがいい。 揺れる女心。ドジっぷり、不器用さにハマる。 恋に仕事に体当たり。ちょっとブサイクだけどチャーミング。 一生懸命な女の子って応援したくなる。 両親からもらったダサい服を着るヤツって好きだな。 ブリ... ...続きを読む

    うり坊033 うり坊033さん  2017年4月29日 22:27  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • レニー・ゼルウィガー無しでは成立しない映画 有名な作品だし、ずっと気になっていた本作、やっとの思いで鑑賞した。 恋愛がダメダメな女性に訪れた二人の男のチャンスだが、典型的な三角関係に。振り回される主人公は見ていて痛快。 もちろん王道とも言... ...続きを読む

    ジンジャー・ベイカー ジンジャー・ベイカーさん  2017年4月25日 21:40  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ジャスティス・リーグ ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなた 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督) 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi