ブリジット・ジョーンズの日記 : 映画評論・批評

ブリジット・ジョーンズの日記

劇場公開日 2001年9月22日
2001年9月3日更新 2001年9月22日より日劇プラザほか全国東宝洋画系にてロードショー

世界中のシングル女性はブリジットを見て安心するのです

画像1

ふと気がついたら結婚をしておらず、ついでに30歳を過ぎていた。

……という女性──つまりはシングルトン──がいかにして生きるべきか。これはおそらく現在、全世界の都会という都会において、共通する問題なのではないかと思います。忍び寄る不倫の魔の手、老化にキャリアに親の老後と自分の老後……と、難題は山積。

シングルトン達は、なぜ迷うのか。と言えば、そこには規範が無いからでしょう。30代の独身女性など珍しくもない現代ではありますが、人類の歴史から見ればそれはまだ新種の生物。これさえクリアすればOKという基準も無ければ、目標とすべき人物像も設定されていないのです。

そんな世界に彗星の如く現れたのが、ブリジット・ジョーンズ。しかし彼女は、私達の規範となるべくして登場したのではありません。彼女は、「シングルトンの世界では何でもあり。とにかく、もがけ!」ということを身体で私達に示すために現れた女性。

そして世界中のシングルトン達は、ブリジットを見て安心するのです。彼女の正直な本能的欲求に。豪快なもがきっぷりに。そして、リアルなデブっぷりに……。

(酒井順子)

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全38件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 君の名前で僕を呼んで 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$ パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi