白夜(1971)
ホーム > 作品情報 > 映画「白夜(1971)」
メニュー

白夜(1971)

劇場公開日

解説

フランスの名匠ロベール・ブレッソンが、「やさしい女」(1969)に続き文豪ドストエフスキーの短編を翻案して描いたドラマ。ある夜、画家の卵ジャックはセーヌ河に身投げしようとする少女を助ける。1年前にアメリカ留学に発ち、その夜に再会を約していた恋人が現れないのだという。苦しむ彼女に恋心を抱きながら、同時に罪悪感に苛まれるジャックはひとりテープに思いを語りかける。舞台は原作の19世紀ペテルブルクから、撮影当時のパリに移されている。日本では1978年に劇場初公開。2012年、35mmニュープリントでリバイバル。

作品データ

原題 Quatre nuits d'un reveur
製作年 1971年
製作国 フランス・イタリア合作
配給 エタンチェ
日本初公開 1978年2月25日
上映時間 83分

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

その後に語られるだろう数えきれないほどの物語を抱えた映画
白夜(1971)の映画評論・批評

ある映画を見た誰かが別の映画を夢想して別の映画を作る。そしてその映画を見た別の誰かが別の映画を夢想して別の映画を作る。そして、それらの映画を見た誰かがその中にもとになった「ある映画」を見ることになる。そんな映画の水脈の広がりと収束を考...白夜(1971)の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全1件)
  • パリの街に音楽が流れていた ネタバレ! 19世紀のペテルブルグではなく、20世紀のパリのポンヌフ(第9橋)で、現れない恋人を待つ女性と画家の青年が出会う。 彼女は存在そのものが美しい芸術のようだけどロマンティストではない。彼はとても孤... ...続きを読む

    abraxas abraxasさん  2017年4月20日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi