バリー・リンドンのレビュー・感想・評価

バリー・リンドン

劇場公開日 1976年
6件を表示 映画レビューを書く

美しく、悲しい

バリー・リンドンの栄枯盛衰を描いた長編映画。
その映像美は2001年宇宙の旅並。
非常に綺麗な映像の数々で、70年代の作品とはとても思えない。
色彩や距離感の描き方は唯一無二。
18世紀のヨーロッパをこれでもかと再現したという舞台は、
タイムスリップした感覚に捕らわれます。
ヒロインも子役もかわいかったなぁ
ストーリー自体は単純で間延び感も否めないが、
特に退屈に感じる事なく楽しめた。

どのようにして栄光を掴むのか非常にゆっくりと話が進むので、
人によっては眠るかもしれない。

戦争や恋愛、家族愛や犯罪・反逆。
1つ1つの要素に無駄を感じないし、そこからの展開でカタルシスを楽しめる。
人間ってスキャンダル好きですからね、大物タレントが干されるまでの経緯とか。

機会があればまた観たい。

ジーナ
ジーナさん / 2016年10月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

らしくないけど、らしい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ぶっ飛んでるキューブリックにしては、地味めな作品なので驚いたのですが、作り込み方はやはりキューブリックですね。凝っています。

バリーの様な権力大好き男で権力闘争してもですね、「醜い者も美しい者も同じ、今は全てあの世」なんですよ。

エリートでも金持ちでも必ず死にます。
冷静になって考えると、史実は残りますが当時の偉人達はみんな今はあの世です。

それが分かると、色々とアホらしいですよね。キューブリックらしくない作品でしたけど、やっぱりらしい。そういうところが、やっぱり好きなんです。

ミカ
ミカさん / 2015年10月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

芸術作品です

キューブリックらしくないけど「2001年宇宙の旅」とともに、キューブリックの最高傑作であり、映画史上に残る名作。また、ビスコンティの「ベニスに死す」と同様、映画が最高の芸術だと認識させてくれる作品でもある。ヘンデルとシューベルトの音楽が最高にこの映画の雰囲気を醸し出してくれる。ただ、主人公に好感が持てる訳でもなく、結構長くやや単調なので、好き嫌いが分かれるかも。

ジョニーデブ
ジョニーデブさん / 2015年5月11日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

登場人物全員かっこ悪い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

みていて気持ちいいのは妻役の美しさだけだった

終始感情移入ができない
最初の村の決闘シーンもこんな雰囲気じゃないでしょ、追い剥ぎのシーンもなんかほわわんとしてるし、戦争のシーンなんて迫力ゼロ違和感しかないしそれも快感でない、ブライアンの死ぬシーンも死なんやろそんな感じでって思った。

だれもかっこよくなくて弱々しい。それが美しくもない
キューブリックでもこんな映画あるんやな

J-ta
J-taさん / 2015年5月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キューブリック大河ドラマ

歴史的背景、セット、衣装が忠実に再現されてます。

タイトルの通り、バリーの盛者必衰が描かれています。

バリーって、ダメなヤツだな〜って思います。別に何か偉業を成し遂げた偉人でもない。すっごいずる賢くて嫌なヤツが転落して行く様は、見ていてほくそ笑んでしまう。

このくず人間バリーの大河ドラマをぜひ見て欲しい。

ベルサイユのばら、王家の紋章が好きな歴女にもオススメかも。

疾走チェイサー
疾走チェイサーさん / 2015年2月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

栄枯盛衰

長編だったが、ストーリーはとても分かりやすく、全編通してため息ものだったのは、こだわり抜いたと思える美の映像。特に遠景はまるで一枚の芸術絵画といっても過言ではないほど素敵。また、有名なメロディが断続的に流れることによって展開が読みやすくなり、主人公の流転の生き方を浮き彫りにする感じに思えた。
一方で、ストーリー中、いとも簡単に決闘が行われるのがこの時代の常だったのか、やや気持ちが消沈。栄華と裏腹の特殊階級の非凡さや冷酷さもよくわかった。。
このように、申し分のない映像美、音楽の中で、バリーの野心が招く波乱の半生が、ドラマチックに彩られて行く感じを、たっぷり3時間、堪能できた。

kakeriko
kakerikoさん / 2014年10月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi