裸のランチ
ホーム > 作品情報 > 映画「裸のランチ」
メニュー

裸のランチ

解説

 1953年、ニューヨーク。害虫駆除員をしているウィリアムは謝って妻を射殺し、その後、麻薬の力に導かれるようにして“インターゾーン”へ逃げ込む。彼は不可思議な眩惑の町で次第に自分を見失い、得体の知れない陰謀に取り巻かれていく……。映画化不可能と言われた小説を、原作者ウィリアム・S・バロウズの半生の物語を織り込みながら脚色。幻想的なビジュアルを駆使し、小説家の内的世界を描き出す。

作品データ

原題 Naked Lunch
製作年 1991年
製作国 カナダ・イギリス・日本合作
上映時間 115分

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全3件)
  • ここまで、観終わった直後、理解が出来ない映画は初めてです。 ここまで、観終わった直後、理解が出来ない映画は初めてです。 主人公は麻薬中毒者の物書き。 ゴキブリ駆除用の薬品を麻薬代わりにするも、 連行された警察署で幻覚を見てしまう。 改善を希望し、医者を尋... ...続きを読む

    うえあおい うえあおいさん  2016年8月8日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • よく構成されている ビート派の難しい原作を監督がうまく構成して映画化している。この原作を映画化するのは確かに難しい。延々とトリップ動画を見せられるような作品になってしまう。そこで作者が原作を書いている姿をお話しとし... ...続きを読む

    佐ぶ 佐ぶさん  2015年6月27日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ビート派の知識があるとより楽しめる バロウズの作品のいくつかを原作をもとにクローネンバーグが脚色した作品。原作は読んでいないがコメンタリーを見ると「ここはこの作品から」と言ってくれるのでわかりやすい。後から原作を読んで確認してみる... ...続きを読む

    nick2014 nick2014さん  2014年11月17日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi