ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ 特集: ダコタ、試練の5番勝負!R1~R2

メニュー

ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ

劇場公開日 2005年4月23日
2005年4月2日更新

愛くるしい容姿と、豊富な経験に裏打ちされた演技力で、今やひとりの女優としての立場を固めつつあるダコタ・ファニング。その新作「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」では名優ロバート・デ・ニーロを相手に互角の演技合戦を展開している。そこで、これまでとこれからのダコタ・ファニング出演作品のなかから、ベテラン男優との共演作をピックアップ、その勝敗と戦いぶりを勝手に判定してみた。名付けて、ダコタ試練の5番勝負、早くもゴング!!(文・構成:編集部)

ダコタ、試練の5番勝負!

ダコタ・ファニング

画像1

94年2月23日、ジョージア州生まれ。6歳で女優デビュー。英国アカデミー賞、放送映画批評家賞(史上最年少)、ラスベガス批評家協会賞などタイトル多数。スピルバーグが手がけるTVシリーズ「TAKEN テイクン」では出演と共にナレーションにも挑戦している。現在フランス語、スペイン語を習得中。特技はピアノと編み物、趣味は人形のコレクション。

Round1「I am Sam/アイ・アム・サム」 ダコタVSショーン・ペン

△ダコタ・ファニング △ショーン・ペン
133分/時間切れノーコンテスト

【試合経過】

「I am Sam/アイ・アム・サム」DVD発売中4935円/発売:松竹 「I am Sam/アイ・アム・サム」
DVD発売中
4935円/発売:松竹

「ER」など、いくつかのテレビドラマに出演していたものの、一般的には無名だったダコタ初のメジャー作品。障害者の父を持つ少女という難役を見事に演じ、その愛らしさと健気さは、観るもの全ての涙を誘うほど。デビュー戦にしては大健闘だったが、相手のベテラン、ショーン・ペンは、この作品でアカデミー主演男優賞にノミネートされたほどの名演技だったため、決着が付かずノーコンテスト。その後ダコタは彼を「本当にすごい俳優だわ」と語っている。

【ストーリー】
サムは7歳程度の知能しか持っていなかったが、周囲の人々に支えられて娘のルーシーと慎ましく暮らしていた。しかしルーシーが7歳になると、保護者としての資格を疑問視され、ルーシーは養護施設に入れられてしまう。サムはベテラン弁護士の協力を得て、娘の養育権を取り戻そうとする。

Round2「コール」 ダコタVSケビン・ベーコン

○ダコタ・ファニング ×ケビン・ベーコン
106分/ダウンのちテンカウントKO

【試合経過】

「コール」DVD発売中3990円/発売:アートポート 「コール」
DVD発売中
3990円/発売:アートポート

一家3人を別々の場所に監禁し身代金を要求してきた誘拐犯。本当に効率的か疑問が浮かぶストーリーの中で、ダコタはぜん息の持病で幾度も命を落としそうになる少女アビーを演じ、サスペンスを最大限に高めている。そして、そのルックスに犯人側の人間たちは次々に魅了され、それは非情な主犯格に扮した個性派ベーコンさえも例外ではなかった。彼をして「心の底から驚いた」と言わしめたダコタだが、撮影現場近くの森林に立ててある“熊注意”の看板を見て「今日の仕事は難しくないわ。だって私もう怖がっているもの」と語ったとか。ベーコンは大事なところに大ケガを負い、最後までいいところなしで散々の目に遭いダウン。

【ストーリー】
家族をバラバラに引き離し、30分ごとの定期連絡によって心理的に追い込み、犯行を実現していく3人組の誘拐犯グループ。しかし、完璧なはずの計画に唯一の誤算が生じる。それは、誘拐した一家の娘アビーが重いぜん息を患っており、ひとたび発作が起きれば死に至る可能性があるからだ。母親のカレンは、主犯格のジョーを懐柔して娘の居場所を聞き出そうと、計画を練り始める。

「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」の特集

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

びくびくするデ・ニーロの姿が見もののよくできたスリラー
映画評論

ラストにドンデン返しがあるので多くは語れないが、ロバート・デ・ニーロとダコタ・ファニングの役に成り切り競演をはじめ、よくできたスリラーに仕上がっている。何より、浴室で手首を切って自殺した母親の姿を見てしまい、心を閉ざす娘エミリーに扮し...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す