「まー実際にあるんでしょうね。きっと。」ニキータ m@yu-chan-nelさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ニキータ」 > レビュー > m@yu-chan-nelさんのレビュー
メニュー

ニキータ

劇場公開日 1991年1月12日
全17件中、4件目を表示
  •  
映画レビューを書く

まー実際にあるんでしょうね。きっと。

久し振りに鑑賞☆

当時、物凄く話題になり、そういうのに乗っかるのが嫌いな私は 逆に「絶対観たくないな!」っと思いながらも自分の目で確認したかったので、観た記憶があります(笑)

そうしたらなんてことはない・・・その後友達に、物凄い勢いでオススメしましたWWW
本当に良い作品だと思います。

どうしようもないジャンキーの不良娘が、国のために暗殺者として厳しく訓練・教育される。
表向きは、警官殺しの罪で投獄され、薬物投与により死亡したことになっているので、拒否することは死を意味する。
仕事の依頼がない時は、普通に暮らし、恋人もできた。
しかし、ある仕事を境に全てが狂い始め・・・。

「レオン」の前身とも言える掃除人ヴィクトル役のジャン・レノが、今観ると まんまレオン的なねW
アンヌ・パリロー演じる、ニキータの心の葛藤が苦しくなります。
観て損はない作品です。

m@yu-chan-nel
さん / 2017年8月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi