ディーバ
ホーム > 作品情報 > 映画「ディーバ」
メニュー

ディーバ

解説

「ベティ・ブルー」のジャン=ジャック・ベネックス監督による長編第1作。歌の女神を意味するディーバと呼ばれる黒人歌手、シンシアに憧れる郵便配達人の青年ジュール。決してレコードを出さない彼女のコンサートを盗み録りしていた彼は、複雑に絡み合った犯罪に巻き込まれていく。本国フランスで、3年にわたるロングランを記録した大ヒット作品。

作品データ

原題 Diva
製作国 フランス
上映時間 118分
映倫区分 G

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全3件)
  • 2000以降を予見するかのよう 80年代。フランス映画。中高生だった自分にとっては全てが大人の世界だった。恋人との感情世界のみにフォーカスするような一人称と二人称のみの映画ばかり(そんな作品の全てが嫌いというわけではない。)で... ...続きを読む

    よしただ よしたださん  2016年5月23日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 青の珠玉作。 ネタバレ! 本物のオペラ歌手が素晴らしい歌曲で魅了する青の珠玉作。 ベネックスのこれがデビュー作と思えない完成度は大したもの。 であると同時に、好き好きが分かれそうなシロモノ。ディーバと オタク、マフィア、... ...続きを読む

    ハチコ ハチコさん  2013年6月7日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 「自分の歌は、聴いた事がないのよ」「聴いて・・」 ネタバレ! 映画「ディーバ」(ジャン=ジャック・ベネックス監督)から。 「歌の女神(ディーバ)の衣装を盗んだのは誰?」という字幕で、 映画タイトルが「歌の女神」を意味することを知った。 「私は歌いたくて歌い... ...続きを読む

    shimo shimoさん  2012年3月13日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ディーバ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi