スカイ・クロラ The Sky Crawlers インタビュー: 本作の先に目指すものとは?~押井守監督インタビュー(2)

ホーム > 作品情報 > 映画「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」 > インタビュー > 本作の先に目指すものとは?~押井守監督インタビュー(2)
メニュー

スカイ・クロラ The Sky Crawlers

劇場公開日 2008年8月2日
2008年7月31日更新

押井守監督インタビュー

前のページから続く

「スカイ・クロラ」で見られる監督自身の変化とは? 「スカイ・クロラ」で見られる監督自身の変化とは?

■監督自身の変化がもたらしたもの

――ここ2年ほど体を鍛えられているそうですが、そのことによる変化は?

「年を取って変わった」と話す押井守監督 「年を取って変わった」と話す
押井守監督
[拡大画像]

「落ち込まなくなったよね。コンスタントに仕事ができて、充実してた。現場で一番元気だと言われてた。『イノセンス』の時はつらかった。しょっちゅう寝込んでて、胃が痛かったし、禿げたし、太ったし……しんどい現場は、ストレスで食べるから太る。監督が太り始めたら赤信号だね(笑)」

――「攻殻」「イノセンス」では、人間の肉体の曖昧さも描かれていましたが。

「やっぱり不健康だったんだよね。健康になったら作るものがまるっきり逆になるということでもないけど。特に『イノセンス』の時はひどかった。更年期障害もあったんだろうけど」

――「イノセンス」もある種のラブストーリーであっても、バトーと素子の触れ合いはありませんでした。今回はキスや抱擁という直接的な肉体の接触が描かれていて、それも意識の変化の表れかなと思ったのですが。

「それはあるかもよ。色気づいたし。ただ、今回は愛とか恋愛というよりも、“愛欲”ということで、全然テーマが違うんだ。例えばバトーが犬と暮らしているとか、素子のことを想ってるということと、ユーイチとスイトの関係っていうのは全然別物。愛欲だからこそ破綻する。バトーと素子の間は破綻しないし、だからこそ犬とか無機物とかに向かうのであって、人間が人間に向き合えば破綻するに決まってる。まあ、もともとバトーは半分機械だけど。それでいうと、愛欲とかいう感情になりようがない。だから、そうしたものに向き合うのは、今回が初めてだと思う」

若者たちの恋愛ではなく“愛欲”を描く 若者たちの恋愛ではなく“愛欲”を描く [拡大画像]

――今回は若者に向けた作品ですが、若者を意識するようになったのは?

「それも結局、自分が変わったからだと思う。体を鍛えて元気になったというのもないとは言えないけど、基本的に年を取ったということなんだよ。年を取ると枯れるんじゃなくて、意欲的に、貪欲になる。年を取ったら枯れるというのは、“年寄りには枯れてほしい”という世の中の願望でしかない。実際は、残り少ない人生だからこそ、あれもこれもと思うんだ。逆にいえば、若い連中はまだ先があると思っているから淡白で、欲望の先延ばしができる。自分が年を取って、そいうことがわかった。機械とか動物とかも相変わらず好きだけど、年を取ったことで逆に人間的なもの、人間くさいものに興味が出てきて、その中で若者というのも視野に入ってきたんだと思う」

■押井守が次に向かうところ

――「攻殻機動隊2.0」のように過去の作品を手直しするのは初めてですが、これもどういった心境の変化で?

押井が見据える“次”のための「攻殻2.0」 押井が見据える“次”のための「攻殻2.0」 (C)1995・2008士郎正宗/
講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMNET
[拡大画像]

「基本的に昔のものをいじってもしょうがないんだけど、その意味があるとしたら、そのことが次に対する投資になっているかどうか。平たく言えば、次にやろうと思っていることに関係があるから。だから、実はあれは“開発”なんです」

――では、押井監督の次に向かうところは?

「『スカイ・クロラ』をやって、『攻殻』の手直しをして、次にどんな方法論で何を目指すかというのは見えてる。僕にとっては映画を作るというのは、明らかに“発明”なんだ。また違う映画を発明しないと、僕の仕事はできない。『スカイ・クロラ』と同じ形式で同じような勝負をしても、次はもっと(結果が)下がるのは見えているから。今はその発明に取りかかっているところ。『スカイ・クロラ』を作っている間に、なんとなく予感はしてたけどね。次はこれしかないなと。何かというのは企業秘密だから言わないけど(笑)。ただ、『スカイ・クロラ』と『攻殻2.0』を並べてみればすぐにわかる。勘のいい人間だったら察しはつくと思う。でも、それをやるためには、まずは『スカイ・クロラ』を成功させることが第一歩。だからこうして宣伝のキャンペーンも頑張っているわけ(笑)」

インタビュー

関連コンテンツ

特集

今度の押井守はココが新しい!~初心者&経験者編~
特集

「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」(95)はウォシャウスキー兄弟やジェームズ・キャメロンに影響を与え、「イノセンス」(04)は日本アニメ史上初のカンヌ国際映画祭コンペティション部門出品を果たし、常に世界から注目を浴び...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

何かのために生きる覚悟を新たにした作家の姿が垣間見える
映画評論

永遠の平和。生を実感するためにショーとしての戦争を維持するキルドレ。彼らは戦闘機に乗って戦う宿命を背負い、殺されなければ思春期のまま生き続けるーー。平和憲法に守られ爛熟したこの国で、果てしない日常を送り続け、アニメやゲームの中で戦争シ...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

スカイ・クロラ The Sky Crawlers[Blu-ray/ブルーレイ] スカイ・クロラ The Sky Crawlers コレクターズ・...[Blu-ray/ブルーレイ] スカイ・クロラ The Sky Crawlers[DVD] Genius Party[DVD]
スカイ・クロラ The Sky Crawlers[Blu-ray/ブルーレイ] スカイ・クロラ The Sky Crawlers コレクターズ・...[Blu-ray/ブルーレイ] スカイ・クロラ The Sky Crawlers[DVD] Genius Party[DVD]
発売日:2009年2月25日 最安価格: ¥5,054 発売日:2009年2月25日 最安価格: ¥34,538 発売日:2009年2月25日 最安価格: ¥4,044 発売日:2008年7月2日 最安価格: ¥3,694
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全30件)
  • 雰囲気に価値がある ゆっくりな感じが良い。戦争するというのに、のんびりだらだらしているというのが新鮮で楽しめる。そういう楽しみは、アニメだからこそかもしれない。 空中戦のシーンは素晴らしい。カメラワークと構図が良く... ...続きを読む

    JI JIさん  2017年11月27日 11:59  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 原作には及ばずとも 音が良い。空や飛行機の映像がとても良い。 原作には及ばずとも映画ならよくやった方では。 ...続きを読む

    F17 F17さん  2017年7月4日 20:56  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 不思議な空気感。 押井監督曰く自身の最高傑作はこの映画だそうです。個人的にはビューティフルドリーマーの方が好きなのですがそうおっしゃるのも頷けます。 この映画に流れる独特のちょっと重い空気感みたいなものに何ヶ月... ...続きを読む

    ねじまき鳥 ねじまき鳥さん  2017年5月27日 01:51  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

インタビューの一覧を見る
Jobnavi