スカイ・クロラ The Sky Crawlers インタビュー: 長編アニメ声優初挑戦、菊地凛子インタビュー

ホーム > 作品情報 > 映画「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」 > インタビュー > 長編アニメ声優初挑戦、菊地凛子インタビュー
メニュー

スカイ・クロラ The Sky Crawlers

劇場公開日 2008年8月2日
2008年7月31日更新

バベル」でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、世界にその名を轟かせた演技派女優・菊地凛子の最新作は、やはり世界にその名を知られる日本のアニメーション界の雄・押井守の最新作「スカイ・クロラ」。これまで俳優の声優起用を積極的に行わなかった押井監督が、「彼女ならば」と主人公の草薙水素(クサナギ・スイト)役の声優として抜擢したのが菊地だ。そんな彼女に話を聞いた。(取材・文:編集部)

菊地凛子インタビュー
「見えない感情を言葉にのせていくことを大切にしました」

長編アニメ声優初挑戦で、押井守作品の主演という大役 長編アニメ声優初挑戦で、押井守作品の主演という大役

菊地が演じた草薙水素は、思春期の姿のまま永遠に生き続ける“キルドレ”と呼ばれる人々のひとり。かつてのエースパイロットで、今は基地司令官として他のキルドレたちが空に向かっていくのを見守っている立場だが、その胸中には様々な思いが渦巻いているというキャラクターだ。

――昨年「Genius Party」で短編アニメの声優は経験してますが、長編アニメは初めてですね。

当初は役柄の難しさに不安もあった 当初は役柄の難しさに不安もあった [拡大画像]

「『Genius Party』の時はリアルな10代の女の子の役で、全く虚構ではありませんでした。ですが、今回は“大人にならない子供たち”というのが、どこまでリアルにやるべきなのか、どこまで抑えてやるべきなのか、正直最初はよくわからなくて、できるかどうか不安はありました」

――それでもやろうと思ったのは?

「押井さんがとても好きなので。作品もですけど、押井さんの言葉とかも好きなんです。今回も、押井さんが根拠もないのに『絶対大丈夫だから』と言ってくださって、肩を押していただいた感じです」

――押井監督は雑誌の対談で会われた時に菊地さんの起用を決めたそうですが、監督のその時の印象と実際に仕事をした印象は?

押井監督との仕事を喜ぶ菊地凛子 押井監督との仕事を喜ぶ
菊地凛子
[拡大画像]

「意外ととてもキュートな方だなと。もっと厳しい方なのかなと思っていたのに、すごく物腰柔らかで。達観されているような、重みのあることもサラッとおっしゃる、とても尊敬できる方です。押井さんは空手をされていて、とても身体論を語るんですよ。しっかり立って、腰を据えて……という感じで(笑)。テクニカルなことはあまり言われないのですが、役者が感情で動けるほうに導いてくれて、実写向きな監督なんじゃないかと思います」

――スイトは外見は少女ですが、中身は他のどのキルドレよりも大人の女性です。少女でもあり、大人でもあるというアンバランスなキャラクターをどう捉えましたか?

「抱えているものがすごく複雑なんです。監督には『精神年齢35歳』と言われましたが、それでいて子供でもあって、責任のある立場にもあって……。ただ、彼女は新しく起こることに恐れや怖さを抱えていても、真ん中に芯があってそれらを受け入れている印象があります。怖くても目を背けず、しっかりと見て進んでいく。注射を打たれる時、針をグッと見て確かめるような感じの人だなと(笑)。そういうところを声でどう表現していくかというのは難しいところですが、大事にして演じました」

――監督からはスイトという人物について何か言われましたか?

「『映画を見終わったあとに、皆がなんとくスイトを思い出してくれるようになると嬉しい』とおっしゃっていました。スイトというキャラクターが皆に響いてくれればいいということだと思いますが、実際に私は彼女の生き方に共感しました。スイトは器用に見えて本当はすごく不器用な人で、私はそこが好きなんです。そういう意味では、見えない感情を言葉にのせていくことを大切にしました」

――押井監督はこの映画を若者たちに見てほしいと言ってますが、菊地さんも監督が想定している20代の若者です。この映画を見て感じることは?

大人になるにつれて忘れてしまう、たくさんのこと 大人になるにつれて忘れてしまう、たくさんのこと [拡大画像]

「大人になるにつれて、気付かないうちに落としてきてしまっているもの、簡単に見過ごせちゃうものって、たくさんあると思うんです。映画って、見終わった後に振り返って、そうしたものをまた拾い直せることが出来るから好きなんですけど、『スカイ・クロラ』でも、そのとき自分が持っていた感情というものがフワッと思い起こされて……。単純に『明日から謙虚に生きよう』と思いましたし、そういうことも意識の持ち方ひとつだなって、すごく影響されました」

――キルドレというのは空で戦うことで生きている実感を得られる人たちですが、菊地さん自身が生きている実感を得られる瞬間というのは?

「やっぱり映画の現場にいる時ですね。むしろそちらのほうが本当なんじゃないかというくらい活き活きしてます」

※このインタビューの掲載期間は08年9月5日(金)までとなります

インタビュー

関連コンテンツ

特集

今度の押井守はココが新しい!~初心者&経験者編~
特集

「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」(95)はウォシャウスキー兄弟やジェームズ・キャメロンに影響を与え、「イノセンス」(04)は日本アニメ史上初のカンヌ国際映画祭コンペティション部門出品を果たし、常に世界から注目を浴び...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

何かのために生きる覚悟を新たにした作家の姿が垣間見える
映画評論

永遠の平和。生を実感するためにショーとしての戦争を維持するキルドレ。彼らは戦闘機に乗って戦う宿命を背負い、殺されなければ思春期のまま生き続けるーー。平和憲法に守られ爛熟したこの国で、果てしない日常を送り続け、アニメやゲームの中で戦争シ...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

スカイ・クロラ The Sky Crawlers[Blu-ray/ブルーレイ] スカイ・クロラ The Sky Crawlers コレクターズ・...[Blu-ray/ブルーレイ] スカイ・クロラ The Sky Crawlers[DVD] Genius Party[DVD]
スカイ・クロラ The Sky Crawlers[Blu-ray/ブルーレイ] スカイ・クロラ The Sky Crawlers コレクターズ・...[Blu-ray/ブルーレイ] スカイ・クロラ The Sky Crawlers[DVD] Genius Party[DVD]
発売日:2009年2月25日 最安価格: ¥5,897 発売日:2009年2月25日 最安価格: ¥34,538 発売日:2009年2月25日 最安価格: ¥4,044 発売日:2008年7月2日 最安価格: ¥4,309
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全29件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 最低。 紗倉まなが紡ぐ“普通の女性”とAVとの等身大の関係 森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈が繊細に体現
  • インタビュー 火花 菅田将暉&桐谷健太、愛たっぷりに振り返る“芸人”として生きた日々
  • インタビュー 覆面系ノイズ 中条あやみが描く天井知らずの成長曲線 女優としての覚悟に迫る
インタビューの一覧を見る
Jobnavi