殯の森 : 映画評論・批評

メニュー

殯の森

劇場公開日 2007年6月23日
2007年6月19日更新 2007年6月23日より渋谷シネマ・アンジェリカ、千葉劇場にてロードショー

物語はシンプルだが、テーマは深い

画像1 (C) KUMIE / Celluloid Dreams Productions/
Visual Arts College Osaka

緑濃き山間の道を、土葬へ向かう人々が連なる。オープニングから、ゾクッとした。スクリーンから放たれている空気が違う。重厚にして厳粛。奈良を舞台に作品を撮り続けてきた、河瀬直美監督にしか撮れない絵だ。今回は日仏合作で、編集や音響を仏人スタッフに任せ、技術面のクオリティがアップした事も大きいが、それ以上に、映像作家としての成長が作品に広がりをもたせ、そしてカンヌ国際映画祭グランプリ受賞へと繋がったと、確信する。

従来の河瀬作品と言えば、ストリッパーの波乱な人生を描いた「火垂」も、子供を亡くした家族のドラマ「沙羅双樹」も、観客を半ば強引に自分の世界へ向けさせるきらいがあった。しかし今回は、観客を”殯(敬う人の死を惜しみ、しのぶ時間・場所の意)の森”へと寄り添うように誘う。グループホームで出会った、33年前に亡くした妻を想う認知症のしげき(うだしげき)と、幼子を亡くした真千子(尾野真千子)が、森を彷徨い“喪の仕事”をすることで共鳴し合う。河瀬監督の十八番であるドキュメンタリーの手法を生かしながら丁寧に追った2人の心の機微は、12歳の神童・坂牧春佳のピアノ演奏と相まって、観る者に否応なしに”生と死”を考えさせる。物語はシンプルだが、テーマは深い。

次回作は、一転、コメディを手掛ける河瀬監督。紛れもなくこれは、河瀬監督・第一章の集大成である。

(中山治美)

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

殯の森[DVD]
殯の森[DVD]
発売日:2008年4月25日 最安価格: ¥3,959
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全3件)
  • 森が美しい・・・ 以前 河瀬監督の「玄牝」を観て 彼女のことは気になってました レンタル店で 彼女の作品が目に留まり 観ることにしました はてしなく広がる森の風景が美しくて 自分も森の中に 迷い込んでしまったよ... ...続きを読む

    ともちん ともちんさん  2016年1月23日 15:43  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 彡☆日本の自然は、かくも美しい彡☆ お茶畑や森、そして鳥のさえずり。 映像の美しさに癒され、見惚れてしまいました。 不慮の事故、墓を探す、などテーマには気付きました。 ただ、それよりも「これは日本でしか撮れない映画だろうな」 と... ...続きを読む

    septaka septakaさん  2010年1月5日 10:17  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 喪があける森。 昨年のカンヌ国際映画祭(審査員特別グランプリ)受賞作品。 どこかでかかるんじゃないか(近場で)と思っていたんだけど、 その気配がなく、名画座か?と思っていたらNHKでかかった。 それを録画して…... ...続きを読む

    ハチコ ハチコさん  2008年2月3日 19:39  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi