大自然の凱歌
ホーム > 作品情報 > 映画「大自然の凱歌」
メニュー

大自然の凱歌

劇場公開日

解説

19世紀後半から20世紀初頭のウィスコンシン。木材伐採と製紙工場で財をなすバーニーは、昔愛した女の遺児ロッタを年甲斐も無く愛し始める。だが、ロッタの心はバーニーの息子リチャードに向かい……。ゴールドウィンは黙って原作を改変したホークスを解雇、ウィリアム・ワイラーを後任にしたが、ワイラーが監督したのは最後の30分程度だと言われており、ホークス自身「彼は800フィート撮っただけだ。だから本当に私の映画なんだ」と公言している。

作品データ

原題 Come and Get It
製作年 1936年
製作国 アメリカ
上映時間 105分

関連ニュース

  • アメリカ50州を象徴する50本の映画(2014年5月17日) 情報誌Time Outニューヨーク版が、アメリカ合衆国の50州それぞれを象徴する映画50本を特集している。ニューヨークやロサンゼルス、ワシントンD.C.といった都市を舞台にし... 続きを読む
関連ニュース

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

大自然の凱歌
大自然の凱歌
2012年8月1日
¥500
dTV
31日間無料

他のユーザーは「大自然の凱歌」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi