レミーのおいしいレストラン インタビュー: ブラッド・バード監督、大いに語る(2)

ホーム > 作品情報 > 映画「レミーのおいしいレストラン」 > インタビュー > ブラッド・バード監督、大いに語る(2)
メニュー

レミーのおいしいレストラン

劇場公開日 2007年7月28日
2007年7月20日更新

ブラッド・バード監督インタビュー

※「ブラッド・バード監督、大いに語る」から続く

――「レミーのおいしいレストラン」は、最先端のテクノロジーを駆使しながらも、ストーリー運びにじっくり時間をかけていますよね。VFXと爆発だらけの夏の大作のなかで、かなり異色ですよね。

一流のストーリーテラーとしての心得を語るバード監督 一流のストーリーテラーとしての
心得を語るバード監督

「取材を受けるたびに、『ピクサーの成功の秘訣はなんですか?』って訊かれるんだ。で、彼らが期待している答えっていうのは、『我々には、特別なスーパーコンピューターがあって、これを使えば観客の好みを完璧に分析してくれるんですよ』っていう(笑)」

――(笑)

「でも、現実のピクサーは、みんなで会議室に集まって、『ぼくたちが観たい映画はなんだろう?』って考えるところから始まる。『どんなエモーションを伝えたいだろう?』って。でも、正直に語ったところで、あまりいい反応は得られない。目新しい答えではないし、実際、ハリウッドがその問題から必死で背を向けているくらいだからね。“観客が愛着を持つキャラクターを生み出すこと”、“面白いストーリーを生み出すこと”なんていうものは、スタジオの重役連中にとってはひどく曖昧で、しかも、映画が誕生した100年も前からずっと直面している問題だからだ。

最近の映画監督が忘れがちなのは、好奇心を煽ることによって生まれる素晴らしい効果だ。一流のストーリーテラーっていうのは、たまに素晴らしいトリックを見せるけれど、その後、そっと身を引いてみせるものなんだ。たとえば今度スピーチをするときに、両手をこうしてみてごらん(と、両手を合わせて、なにかを隠し持っているふりをする)。『やあ、みなさん。お元気ですか? え、なに? ぼくが手になにを隠しているか、って? なにもありませんよ。いやいや、本当ですって』って。なにかを持っているふりをするだけで、ぼくはその場にいる人の注意を引きつけることができる。これがストーリーテリングでは非常に大事なことなんだ。いいストーリーというのは、次がなにを待ち受けているのだろうと、観客にわくわくさせる。たとえばスピルバーグが素晴らしい映画監督であるのは、だれもが期待する瞬間をあえて焦らすことがどれほど効果的か熟知しているからだ。それは、彼の映画の予告編を観るだけでも明らかだ。『未知との遭遇』や『ジョーズ』から、『ジュラシック・パーク』に至るまで、予告編に宇宙人もサメも恐竜も映っていないよね。

監督は「いい物語こそが映画を傑作にする」と語る 監督は「いい物語こそが映画を傑作にする」と語る

でも、最近の映画監督は自信がないから、『ほら、爆発だ! 今度は出血だ! ほら、もっと大きな爆発だぞ! おおっと、デジタル兵士団の登場だ!』って、観客に休み無しに投げつけてくる。『頼む! 頼むからおれの映画を気に入ってくれ!』っていう監督の悲痛な叫びが聞こえてきそうなほどで(笑)」

――(笑)

「ぼくは映画を愛している。ストーリーテリングを愛しているし、そのプロセスのすべてを愛している。デジタル効果やスーパーコンピューターなどは関係ない。いい物語こそが映画を傑作にするんだ。映画監督に課せられた使命は、チャップリンやD・W・グリフィスの時代からなにも変わっていない。あるいは、オーソン・ウェルズやクロサワやセルジオ・レオーネのような偉大な監督の時代とも変わっていない。すべてはストーリーテリングにかかっているんだよ」

<<「ブラッド・バード監督、大いに語る」に戻る

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

CGのタブーに挑み、リッチな質感を表現した傑作
映画評論

かつてCG界では、食事シーンは一種のタブーとなっていた。それは食品のシズル感(おいしそうな質感)表現や、弾力、粘性、破断、接触判定などの物理的要素が複雑すぎて、技術的に非常に難しかったからである。それに最初に挑戦したのは「シュレック2...映画評論

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全39件)
  • うむ 唯一未観だったピクサーアニメ。 人間の男の子がバカすぎて良いところがなかったのが残念 ...続きを読む

    t tさん  2018年2月9日 01:23  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • さすがブラッド・バード! ネタバレ! ...続きを読む

    青空ぷらす 青空ぷらすさん  2017年10月19日 00:29  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • とても勇気をもらうお気に入りの映画 自分にはできない、というような先入観や固定観念を取り除いてくれるような映画。 ネズミにはできない。 そんな固定観念を取り除いてくれる、 実話であってほしいようなお話。 とても素敵で 情熱があれば... ...続きを読む

    reina reinaさん  2017年9月11日 04:37  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 娼年 三浦大輔監督&松坂桃李が“共作”した、「今までになかった」濡れ場の撮影手法
  • インタビュー トレイン・ミッション リーアム・ニーソンが語る演技論「真実を口にするだけ」の真意とは?
  • インタビュー 曇天に笑う 福士蒼汰×古川雄輝×桐山漣 “男心”を交し合った、イケメンだらけの「曇天に笑う」
インタビューの一覧を見る
Jobnavi