「最悪のリメイク」丹下左膳・百万両の壺 弐番さんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

丹下左膳・百万両の壺

劇場公開日 2004年7月17日
全3件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

最悪のリメイク ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

このリメイク丹下左膳、原作を遥かに下回る作品だった。
以下、駄目なところを。

豊川悦司の演技
丹下左膳向きじゃない。コメディアンとして弱い。いや、豊川悦司が悪いんじゃないんだけど……

演出
安を探すシーン、かなり感動的に仕立てているがあれはさらっと流すところ。特に長々とする必要性がない。むしろだらけた上に、白ける。

「博打で負けたんだろう」と丹下左膳が言うシーン。恐らく丹下左膳のカッコよさが一番光るところも、もたついてしまっている。原作だとかなりかっこいいのに。

結局、丹下左膳をリメイクした意味が特に感じられなかった。やらなくて、よかったんでないか。

弐番
さん / 2015年11月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi