裸足の1500マイル
ホーム > 作品情報 > 映画「裸足の1500マイル」
メニュー

裸足の1500マイル

劇場公開日

解説

1931年のオーストラリア。先住民アボリジニと白人の混血児は、白人社会に適応させるために、家族から隔離され、寄宿舎に収容される政策がとられた。この寄宿舎から脱走して我が家に帰った3人の少女のひとりが書いたノンフィクションを映画化。監督は「今そこにある危機」「ボーン・コレクター」のフィリップ・ノイス。撮影はオーストラリア出身のクリストファー・ドイル。

作品データ

原題 Rabbit-Proof Fence
製作年 2002年
製作国 オーストラリア
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間 94分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

広大な荒野と少女の寡黙な肉体と
裸足の1500マイルの映画評論・批評

あまり食指が動かない映画だったが、“壮大な画面”に陶然とした。オーストラリアの広大な荒野とアボリジニの少女の寡黙な肉体の対比が素晴らしい。クリストファー・ドイルの豊穣な撮影とピーター・ガブリエルのスピリチュアルな音楽の勝利だ。「193...裸足の1500マイルの映画評論・批評

他のユーザーは「裸足の1500マイル」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi