モーターサイクル・ダイアリーズのレビュー・感想・評価

モーターサイクル・ダイアリーズ

劇場公開日 2004年10月9日
18件を表示 映画レビューを書く

いまみても古くない映画

だれだっけ?
この映画を作ったの。えっ?
衝撃って思わなかった。でも、どこかふつーの若者達の旅に惹かれた。それだけだ。
だから、これが映画になるって理解できない(笑)
まあ、キューバだから。「いいかな」って笑う。それが、この国だ。旅は、南米だけど。

旅ってこんなかんじだ。
ひとりであれ、二人であり。それを男達は、「好ましい」と思うんだ。(笑)、オトコって、女性には理解できない。
だから、オトコ達は冒険に夢を。恋愛に、希望を。そういう意味だ。本当は、まったく違う。国を超えることと、異国の性欲だが(笑)
加えて、貧しさの壁。

ふしぎだな。観るたびに「すきな映画だな」って思う。
何度も観てるのに。
映像のうつくしさも。ドキュメンタリー的な淡々とした物語も。世界の広さとひとびとの善良さ。そして、ボロボロのバイクと彼らも。全部がいとおしいく思う。

そんぼ
そんぼさん / 2017年12月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

革命家ゲバラ・・

ゲバラがまだ大学医学部だった頃、ラテン・アメリカをバイクで友人と放浪の旅をした実話から。革命家ゲバラの思想が段々と出来上がっていく。若さはバカさか?いい映画(笑)

亮一君
亮一君さん / 2017年8月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

若き日のゲバラが南米大陸をボロバイクで親友と旅する話。裕福な家庭に...

若き日のゲバラが南米大陸をボロバイクで親友と旅する話。裕福な家庭に生まれたからこそ、旅で出会った共産主義者、差別や貧困を目の当たりにしやがて革命家として立ち上がる思想を育てたのだろう。少し長く感じたけれど純粋に青春ロードムービーとしても面白い。

yuitos
yuitosさん / 2017年2月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レビュー

チェゲバラの若き日の旅を綴った原作を映画化したもの。誰もが憧れるような眩しい青春を感じる旅が見事に映像化されており、とても綺麗な映画です。

ニックネーム
ニックネームさん / 2017年2月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バイクにバックパックだけで南米縦断なんて浪漫しかない。

バイクにバックパックだけで南米縦断なんて浪漫しかない。

yuto.n
yuto.nさん / 2016年3月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

またゲバラが好きになる。旅したくなる作品です。

またゲバラが好きになる。旅したくなる作品です。

natsumi
natsumiさん / 2016年2月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

若きチェゲバラ役のガエル ガルシア べルナルかっこいい! エルネス...

若きチェゲバラ役のガエル ガルシア べルナルかっこいい!
エルネストとアルベルト、年が少し離れたコンビの旅。1952年、ブエノスアイレスから南米大陸を渡る貧乏旅行は見ているだけでワクワクする。
ロシナンテならぬ古いモーターサイクルポデローサにまたがりドタバタの旅行の最後にたどり着いたのは、アマゾン河沿いのハンセン病の患者の施設。そこまでに出会った人たちとの交流がエルネストの琴線に触れ、何かを植え付ける…

チェゲバラと共に旅したアルベルトも撮影に協力したのだから、概ね事実に近いのだろうと考えると夢膨らむ。人間って素敵。

良作

サマースノー
サマースノーさん / 2015年10月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

若き日の、チェ・ゲバラ

チェ・ゲバラについては全く詳しくなかったので、どんなんだろう?っと思い鑑賞。
未だに伝説の人物として名前を遺しているのにも納得した。

陽気なアルベルト・グラナードに誘われ、モペッドで旅を始めるエルネスト。
嘘も方便」と楽天的なアルベルトとは対照的で、自分に正直なエルネストの旅の様子は
約2時間という長尺にも関わらず、大変興味深く最後までじっくり観ることが出来た。

旅の途中で出会った人々により、後の彼「チェ・ゲバラ」が誕生したのが理解出来た。
鑑賞後、色々検索してみたけど 実は来日したことがあって
広島の原爆についても言及していたことも分かり、更に驚いた。

裕福な家庭に生まれ、医者の道もあったのに、自分に正直なエルネストだからこそ、旅を通し 様々な人達との出会いによって
この世界に横たわる矛盾に苦悩し、自らが立ち上がろうと思ったんだろうと想像できる。
観て損はないと思います。

m@yu-chan-nel
m@yu-chan-nelさん / 2015年9月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「これは偉業の話ではない」

チェ・ゲバラの青年期の日記を映画化。

eli
eliさん / 2015年9月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

革命家の原点

壮大な南米大陸をぼろぼろのバイク1台で親友と共に旅する傑作青春ロードムービー。革命家としての姿は一切ないが旅を通じて知る現実と真実が青年の思想に影響し成長していくと思うとドラマとしても深い。素晴らしい映画だ。

pazoo
pazooさん / 2015年4月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

砂まみれのロードムービー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

これまた梅田ガーデンシネマ特集で会員500円に釣られてみてきました。この手の企画がすごく好みで大好きさ京都シネマ!

キューバ革命もゲバラにも明るくはないですけれど、青春ロードムービーとして良い!と聞いておりまして、その通りだなぁと思いました。

エルネストは純粋で正直でステキな青年でした。若いガエルくんの美貌も合間って、素敵でした。

南米かぁ。水がまずそうで行きたいと思った事はな買ったけど。行ってみたくなった。

バイクは嫌だけどね。あの砂ぼこりのなかどんどん上着がすすけていってもう…せめてバスとか!なかったんかい、時代的に!

青年らしいズルもしながら旅をして、鉱山に仕事を求めて旅する共産主義者の夫婦との出会いあたりから、エルネストは現状への疑問を持ち始めたように見えました。
ハンセン病の病院に滞在して、手術を拒む患者に寄り添い、素手で患者に触れ、仲良くなってみんなでサッカーするところまでの流れはこみ上げるものがありました。

その後のエルネストがどうしたかは知らないですけど、あの純粋さが褪せてなければ、世渡りという意味では楽にはいかないのでしょうね。その後を知っていればまた違った感慨があったことでしょう。

確かに良い青春ロードムービーでした。
まんぞくまんぞく。

あ、連れの人のありがちな軽薄さはちょっと嫌かな…船のうえでの15ドルよこせとか!
あと、エルネストは彼女になんつってふられたんでしょうね。

だいず
だいずさん / 2014年8月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いいね

革命家ゲバラのことはよくしらないけど

ロードムービーとしてよくできていた

深夜にみたのがよかった

抗い難い南米の大自然に圧倒されたと思ったら旅先でほんの束の間の時を共にする人々との時に暖かく、時に辛く、時に哀しい現実・・

静かな映像だけれども息つく暇も無く画面に魅入ってしまう

s_k
s_kさん / 2014年3月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

革命家の若き爽やかな日々

総合:70点
ストーリー: 70
キャスト: 70
演出: 70
ビジュアル: 75
音楽: 65

 2つの主題があるように思えた。

 キューバ革命の指導者カストロですら手に余ったと伝わる過激な革命家ゲバラ。アルゼンチンの裕福な家庭に生まれたエリート医学生のゲバラは、本来資本主義の恩恵を受けたはず。その彼が、何故社会主義革命家になったのか。貧困・病気・差別。世の中の不条理を直接見て、後の彼の思想を形作り始めるきっかけとなる彼の体験を描く。
 もう1つは旅。ゲバラの若き日を描いているが、特に最初はあまり政治的・思想的なことは描かれない。ただ若者が自分のいる世界から脱出して違う世界を見てみようという欲求を抑えきれないという、爽やかな青春ロードムービーである。

 若さゆえの暴走や親元を離れた自由な爽快感。そして旅の楽しさだけでなく、だんだんと社会の歪に気がついていく心のゆらぎ。この2つの主題をバランスよくまとめていると思う。
 実際のゲバラの姿が本当はどうだったのか知る由もないし、革命家として彼の活動が正しかったのか判断の分かれるところでもある。でも若き彼を描く映画として、重くなりすぎず正義とか悪とかに偏りすぎず面白かった。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゲバラが若きエルネストだった頃の旅の物語

革命家チェ・ゲバラではなく、彼がチェになる前の23歳の医学生だった頃に友人アルベルト・グラナードと一台のおんぼろバイクで南米を北上する過程を描いたロードムービー。距離にして1万kmを越える無銭旅行。移動は1939年式ノートン500。旅は楽しいだけではなく苦難も付き物。2人の若者が何を感じ旅の終わりに何をなし得たか。
後々の彼らの活動の根元となるもの、そして若い時期にしか感じ得ない感動がこの映画で爽やかに描かれている。苦しい旅ではあるが初めて目にする美しい景色、旅で感じる独特の気持ち…
ロードムービーの魅力の一つである、自分が旅をしているようなワクワク感も味わえました、それにしてもバイクでよく転びます^^;
纏まった感想になっていなくてただの書き散らしで申し訳ないです…。
コレクターズ・エディションに付属の撮影記録『トラベリング・ウィズ・ゲバラ』も本編以上の秀作で一つのロードムービーに仕上がっている。
実際のアルベルト・グラナードが当時の旅のエピソードを語り、撮影に協力してくれていて、一見の価値があると思う。
エルネスト役のガエル・ガルシア・ベルナルもさることながら、アルベルト役のロドリゴ・デ・ラ・セルナもハマり役だと思う。
旅には憧れるが、誰もが彼らのなし得たことをやり遂げることは難しいだろうと思う。
旅の始めから終わりまで惹きつけられっぱなしでした。
しっかり創り込まれた秀作だと思います。

みかっぴ
みかっぴさん / 2012年5月20日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

驚き!

数年前、スカパーのスターチャンネルでたまたま見た作品です。予告とか内容を全く見ず、知識ゼロで見始めました。
主人公の彼について、もともと詳しい知識は持っておらず、過激な一面しか知らなかったため、映画が始まってからも誰について語られている作品か知らないまま、ただの南米の冒険映画としてみていました。

ラストで彼のその後が語られた時に、その時点で知っていた彼の情報と、この映画で得た情報とがビシビシビシビシーと頭の中で結び付いて、『えー、あの人か』とひどく感動したし、驚きました。

作りも丁寧で終始集中して見ることができました。 いい映画でした。

さんたく
さんたくさん / 2011年12月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1人の人間としてのチェ・ゲバラ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

革命家チェ・ゲバラの偉大な業績でなく、若いころの南米横断の旅にあえて焦点をあてた作品。
最初はよくあるロードムービーで途中から急にドキュメンタリータッチになる、ゲバラの真面目で自分を曲げない性格がとても分かりやすく描かれている。
ハンセン病の診療所での修道院の規則に従わず素手で患者と握手をする場面が印象的、全ての人を平等に思いやることの出来る心、そしてそのカリスマ性、旅を通して自分の生きる意味、成すべきことを見つけたゲバラの表情は自信に満ちていた。 ゲバラを演じたガエル・ガルシア・ベルナルの演技が輝き、偉大な革命家の1人の人間としての部分がよく分かる秀作。

elle,f
elle,fさん / 2011年10月16日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ロードムービー

あまり、この映画に対して知識もないままに見てしまったので、主人公の名前を聞いて、もしかしたら、チェ・ゲバラのことかと思いつつ、映画を観ていたが、チェ・ゲバラの事は、ほとんど知識がなかったので、映画の前半は、まったく気付かなかったし、内容自体も、普通のありきたりの、青春映画だった、それが、中盤に入って、ドキュメンタリー感のある、現地の人の話を聞くシーなどから、映画が、少し変わり始め、映画に、主人公の心の中の問いに、どんどん引き込まれていく。ただ、結末などが用意されていない映画なので、この監督の、次の作品を観たくなった。

水空色
水空色さん / 2010年3月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラテンアメリカ!

きらきらと、まっしぐらに進むセイシュンの純粋さに胸がつかれる思いです。

それにしてもこのレビュー、なんで、50文字以上ないといけないのでしょうか。

Camicio
Camicioさん / 2008年3月24日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

18件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi