「アメリカを愛すこと」ランド・オブ・プレンティ チャーリーさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ランド・オブ・プレンティ

劇場公開日 2005年10月22日
全1件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

アメリカを愛すこと

ヴィム・ヴェンダースのアメリカへの愛を感じる映画です。アメリカという現実には目を背けたくなるようなことも多いのだろうと思います。しかしヴェンダースはそれを見続けようとしています。
そしてこのヴェンダースの視線にこそ、アメリカがあるのだと感じました。アメリカという風景がありつつ、そしてそこにアメリカという人、そしてアメリカという異様さを収め切ろうとしています。この風景があり、そしてどこかで何かを失った人がいる、この感じがアメリカなのだと思いました。
決して圧倒的な何かを伝えてくる作品ではないですが、なぜか好きだと感じる作品でした。

チャーリー
さん / 2014年7月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi