キス・オブ・ザ・ドラゴン
ホーム > 作品情報 > 映画「キス・オブ・ザ・ドラゴン」
メニュー

キス・オブ・ザ・ドラゴン

劇場公開日

解説

中国とフランスで麻薬密売を企てる中国人ギャングを追ってパリに来たエリート捜査官リュウ(リー)。現地警察の警部(カリョ)は非協力的だが、組織の娼婦(フォンダ)と出会ったリュウは、事件に巻き込まれていく。映画初挑戦する監督クリス・ナオンはCMやMTVで活躍のフランス生まれの32歳。脚本はベッソンと「フィフス・エレメント」のロバート・マーク・ケイメン。撮影は全ベッソン作を務める、ティエリー・アルボガスト。

作品データ

原題 Kiss of the Dragon
製作年 2001年
製作国 アメリカ・フランス合作
配給 K2、日本ビクター
上映時間 98分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ジェット・リー、起死回生の多国籍アクション!
キス・オブ・ザ・ドラゴンの映画評論・批評

ジェット・リーは、ようやく満足を得たに違いない。この映画からはそんな思いが強く伝わってくる。98年に現在の芸名に変えて臨んだハリウッド進出作「リーサル・ウェポン4」では、その不気味な殺し屋役が注目を集めたが、次の初主演作「ロミオ・マス...キス・オブ・ザ・ドラゴンの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全2件)
  • う〜ん、、? アクションはかっこいいし、それぞれのキャラもたってるんだけど、なぜか映画としてあまり盛り上がらない、、。 主人公の心情描写が少ないからなのか。 はたまた主人公のあまりの強さでドキドキ感がほぼない... ...続きを読む

    あーちゃ あーちゃさん  2017年12月11日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 僕が思い描く理想のジェット・リー像に最も近い映画 コメディなどもこなしてきたジェット・リーですがこの映画が最も僕の理想とするジェット・リー像です。寡黙で冷静、冷淡、だけど根は優しい、そして強い。そんなジェット・リーが大好きです。 ...続きを読む

    P’z P’zさん  2015年5月26日  評価:5.0
    このレビューに共感した/2
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「キス・オブ・ザ・ドラゴン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi