「あるべき姿」グッドナイト&グッドラック juve0504さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

グッドナイト&グッドラック

劇場公開日 2006年4月29日
全4件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

あるべき姿

「赤狩り」が行われた歴史的背景や時代性といったものがあまり描かれておらず、ノンフィクションというジャンルで見ればあまり高い評価はできないが、その要素の少なさが逆に映画を見易いものにしている。
また、様々な立場で権力や大衆と向き合い、葛藤するテレビマン達の闘いは、かなりドラマ性が高く、前知識がなくても十分楽しめる。

もうずいぶん前に権力と闘うことをやめてしまった日本のマスコミには、眩し過ぎるほどの情熱がこの映画の中には溢れており、個人的にも映像ジャーナリズムを志していた時の情熱を思い出させてくれた秀作だった。

juve0504
さん / 2011年4月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi