ドリームキャッチャー(2003)
ホーム > 作品情報 > 映画「ドリームキャッチャー(2003)」
メニュー

ドリームキャッチャー(2003)

劇場公開日

解説

スティーブン・キングの同名小説を「わが街」「白いドレスの女」のローレンス・カスダン監督が映画化。脚本は同じキング原作の「ミザリー」も担当、「明日に向かって撃て!」と「大統領の陰謀」で2度オスカーを受賞したウィリアム・ゴールドマン。メイン州で育った少年時代の友人4人、今は職業も住まいもばらばらな彼らが、冬の山小屋に集まるが、森に住む動物たちがみないなくなり、奇妙な出来事が起こり始める。

作品データ

原題 Dreamcatcher
製作年 2003年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 135分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

破ってはいけない、キング映画化の掟
ドリームキャッチャー(2003)の映画評論・批評

Q:スティーブン・キングの映画化で、もっともやってはいけないことは何か。A:原作をそのまま映画化すること。ある特殊な力を持った子どもたちが大人になり、何かに引き戻されるように故郷の町に帰ってくる。彼らは人類の命運を決するある役割を担っ...ドリームキャッチャー(2003)の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
2.9 2.9 (全4件)
  • 見れるのは途中まで 出ばなに持っていかれる。自然な流れで特殊な能力があるのだと知らされる。日常を送る中でその能力を使い、どのように人を助けていくのだろうと思っていたら、何やら不穏な空気が漂い始める。そして寄生虫のよ... ...続きを読む

    れん れんさん  2014年11月18日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • スティーブン・キング御大が怒ってらっしゃる。 個人的にスティーブン・キングの作品は殆ど読んでいるし、 映画もまずは原作からってタイプんですが・・・。 正直、超がつくほどの駄作です。 彼の作品はプロットが細かく、又そのストーリー展開の 意外性... ...続きを読む

    としぱぱ としぱぱさん  2013年3月17日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 恐怖の赤い黴! 尺不足が悔やまれる映画 勝手にキング原作映画特集4。 今回は『ドリームキャッチャー』! 鹿狩りをする為、雪山の小屋に集った旧友4人。 だが1人の遭難者の来訪をきっかけに、 4人は全人類をも脅かす未曾有の恐怖と対峙する羽... ...続きを読む

    浮遊きびなご 浮遊きびなごさん  2012年5月2日  評価:2.5
    このレビューに共感した/2
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ドリームキャッチャー(字幕版) ドリームキャッチャー ドリームキャッチャー ドリームキャッチャー(字幕版)
ドリームキャッチャー(字幕版) ドリームキャッチャー ドリームキャッチャー ドリームキャッチャー(字幕版)
2013年12月28日 2013年12月27日 2013年12月27日 2013年12月29日
¥300 ¥309 ¥300 ¥300
iTunes ニコニコ動画 ビデオパス Google Play
※au IDが必要

他のユーザーは「ドリームキャッチャー(2003)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi