最愛の夏
ホーム > 作品情報 > 映画「最愛の夏」
メニュー

最愛の夏

劇場公開日

解説

17歳の夏休み、カンイは地元の小さな港町基隆(キールン)に帰って来た。目の見えない両親、知的障害を持つ弟、年老いた祖父。家族みんなが支え合い、小さな幸せを見つけながら生きているのだった。そんな折、カンイは父親の反対をよそに、孤独な青年アピンに恋をする。よそ者である彼を気に入らないグゥ警察所長の思惑で、ヤクザ同士の争いに巻き込まれたアピンは、その若い命を落としてしまう。

作品データ

原題 黒暗之光
製作年 1999年
製作国 台湾
配給 ビターズ・エンド
上映時間 102分

映画評論

台湾映画界を担う若手監督の珠玉作
最愛の夏の映画評論・批評

キャストがアマチュアの役者で占められた映画というと、撮影現場における偶発的、即興的な要素を重視した作品であるような先入観にとらわれがちになる。しかしチャン・ツォーチ監督はこの映画で、現場のリアリティではなく、登場人物たちの過去や記憶に...最愛の夏の映画評論・批評

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi