ブルース・オールマイティ : 映画評論・批評

ブルース・オールマイティ

劇場公開日 2003年12月20日
2003年12月15日更新 2003年12月20日より日劇3ほか全国東宝洋画系にてロードショー

結末はわかってるお話だけど心地よい余韻

画像1

宝クジで3億円当たったらどうする? 都心にマンションを買って、あとは堅実に貯蓄して……というのが私の想像の限界。福祉活動や反戦活動に寄付なんて考えは一瞬たりとも頭をよぎらない。実に自分勝手だが、庶民なんてこんなもんだ。ジム・キャリーの新作は、「そんな庶民マインドではいけんよ」というハートフルなヒューマン・コメディだ。

キャリー演じるTVリポーター、ブルースが神様から1週間だけ代理をまかせられるのが物語の発端。スーパー・パワーを得た彼がやったことは愛犬の下の躾を完璧にし、特ダネ報道し、月を引き寄せ、人々の願いすべてに「イエス」と答える。小せぇ~。もちろん次々に破綻が起きるというのが笑いのツボで、キャリーの腕の見せどころ。「マジェスティック」でシリアス・アクターとしての片鱗を見せた後なのでブチ切れたギャグはない。とはいえ、マンネリ系ギャグであっても観客を笑わせられるのもキャリーの底力なのである。実際、顔芸だけの俳優じゃないのだ。

「パッチ・アダムス」を作ったトム・シャドヤック監督の演出だから、結果は誰もが想像できる通り。よく言えば、フランク・キャプラを意識した雰囲気もある。よほど偏屈な人でない限り、見終った後に心地よい余韻を感じるだろう。余談だが、助演の犬に注目してほしい。あまりの芸達者ぶりにお口アングリとなること間違いなし!

(山縣みどり)

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全12件)
  • マスクの神様版 全知全能の力を手にして、あらゆる騒動に巻き込まれるコメディ映画。 マスクに似てる部分もありますが、こちらはこちらで違った味わいがあり、見て損はありません! 神様だからといって最強キャラという訳で... ...続きを読む

    ジーナ ジーナさん  2017年5月6日 02:43  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ところどころ笑えました アメリカならではの作品だなぁと思いました。前向きにさせてくれる作品でした。 ...続きを読む

    comeyu comeyuさん  2017年4月12日 10:32  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 初めてのコメディ映画 キリスト教の授業の教材として観た映画。 それまでコメディ映画はあまり観なかったが、この作品からジム・キャリーを知りハマった。 ストーリーに関しては置いておいて、 とにかくキリスト教に関する小ネ... ...続きを読む

    鳴海 鳴海さん  2016年12月15日 00:02  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 君の名前で僕を呼んで 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$ パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi