青い春 : 映画評論・批評

メニュー

青い春

劇場公開日 2002年6月29日
2002年6月17日更新 2002年6月29日よりシネマライズほかにてロードショー

かつての自分を見せられているようで

画像1

2、3年前までの邦画と言えば、作家性という言葉を都合良く使った監督のマスターベーション映画ばかり。正直、ウンザリしていた。が、今年は楽しい。「ハッシュ!」に「とらばいゆ」に、忘れちゃいけない「ミスター・ルーキー」。脚本や俳優同士の“競演”が見事なだけじゃなく、「お客さんに見て頂く」基本が出来ている。「青い春」もしかり。

一歩間違えば、観客を選別する映画になっていたはずだ。社会問題化している狂気に至る十代をテーマにした映画は、今までにもあった。しかし、松本大洋原作の力を借りたこの映画は、少年たちが事件を犯すまでの心のもがき、苦しみを丁寧に写し出す。

虚勢を張ることで仲間の中心になろうとする大田(山崎裕太)の気の小ささ。そんな大田を疎ましく思いながら拒絶できなかった雪男(高岡蒼祐)の優柔不断さ。そして、力では超えることの出来ない存在がいることを悟ってしまった青木(新井浩文)の気持ち。誰もが一度は経験したことがあるであろう感情だ。かつての自分を見せられているようで切ない。

ちなみに小泉今日子が売店のオバサン役で出演。自分たちのアイドルが「おばちゃん」だなんて……。こっちは現実を見せつけられているようで、これまた切ない。

(中山治美)

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春[DVD] 青い春[DVD] リボルバー 青い春[DVD] カルテット DVD-BOX[DVD]
ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春[DVD] 青い春[DVD] リボルバー 青い春[DVD] カルテット DVD-BOX[DVD]
発売日:2012年7月4日 最安価格: ¥2,462 発売日:2002年12月20日 最安価格: ¥4,147 発売日:2003年8月22日 最安価格: ¥3,110 発売日:2017年7月7日 最安価格: ¥14,364
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全23件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 君の名前で僕を呼んで 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$ パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi