アバウト・シュミット
ホーム > 作品情報 > 映画「アバウト・シュミット」
メニュー

アバウト・シュミット

劇場公開日

解説

リース・ウィザースプーンがやり手女子高生を演じるブラック・コメディ「ハイスクール白書/優等生ギャルに気をつけろ!」(99)の監督&共同脚本コンビが、ジャック・ニコルソンを主演に66歳の男の自分探しを描き、アカデミー賞主演男優&助演女優部門にノミネート。定年退職したシュミットは、妻を失い、婚約者が気に入らず娘とも大ゲンカ。キャンピングカーで故郷に向かう旅の中で、これまでの人生を振り返っていく。娘の婚約者の母親役でキャシー・ベイツが共演。

作品データ

原題 About Schmidt
製作年 2002年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ・ヒューマックス共同
上映時間 125分

受賞歴

第75回 アカデミー賞(2003年)

ノミネート
主演男優賞 ジャック・ニコルソン
助演女優賞 キャシー・ベイツ

第60回 ゴールデングローブ賞(2003年)

受賞
最優秀主演男優賞(ドラマ) ジャック・ニコルソン
最優秀脚本賞 アレクサンダー・ペイン
ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演女優賞 キャシー・ベイツ
最優秀監督賞 アレクサンダー・ペイン

第55回 カンヌ国際映画祭(2002年)

出品
コンペティション部門
出品作品 アレクサンダー・ペイン

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

シュミット氏は暖かさに感動して泣くのではない
アバウト・シュミットの映画評論・批評

こりゃあまるで小津安二郎の映画だ。ただ、はるかに情け容赦のない。妻に先立たれた老父、そして嫁ぎゆく娘への思い、というと後期小津映画で繰り返された物語。理想と現実の乖離がテーマであるところなど、まるで「東京物語」(53)だ。しかしこの映...アバウト・シュミットの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全4件)
  • ラストの涙の意味 ネタバレ! シュミットのラストの涙の意味が気になった。お礼の手紙を見て生きる意味を感じられた感動から来る涙なのか。それとも、ピュアな少年に愚痴まみれの手紙を送っていた自分を恥じる涙か。展開的に、後者だとちょ... ...続きを読む

    kuhh kuhhさん  2016年11月19日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 2度目の鑑賞 10年ぶりくらいに鑑賞。 泣けました。 アレクサンダー・ペイン監督作品は、1人1人がほんとに丁寧に描かれてるので、何回観てもジーンとくる ...続きを読む

    アリンコ アリンコさん  2016年3月6日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 沁みる映画 ネタバレ! 10年ぶり2度目の視聴。 前に観たのは学生の頃。そのときの印象はだらしないおっさんの哀愁物語。 今観ると全く印象が違います。 映画はまず退職まであと数十秒、オフィスの自室で定年までカウントダウン... ...続きを読む

    うたまるまる うたまるまるさん  2015年10月5日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

アバウト・シュミット アバウト・シュミット
アバウト・シュミット アバウト・シュミット
2015年11月6日 2013年12月27日
¥500 ¥309
ビデオマーケット ニコニコ動画
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「アバウト・シュミット」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi