ワールド・トレード・センター : 映画評論・批評

ワールド・トレード・センター

劇場公開日 2006年10月7日
2006年10月3日更新 2006年10月7日より日劇1ほか全国東宝系にてロードショー

社会派オリバー・ストーンによる9・11映画のはずだったが…

画像

救助活動に命を懸けた2人の男が、瓦解し灰燼と帰した建物の暗闇の中に閉じ込められ、生への執着心を失わず、精神と肉体の限界を超えて愛する家族のもとへ帰還する――ここに描かれているものだけを読み取るなら、やがて静かな感動が訪れる決して珍しくはない救出劇である。

しかしこれは、オリバー・ストーンによる9・11ムービーなのだ。ベトナム戦争やケネディ暗殺に挑んでアメリカのはらわたを引きずり出し、体制を批判して物議を醸してきた作家が、あの忌まわしきテロを描いた映画だというのに、まことしやかに伝えられる陰謀説に触れることも、テロを引き起こした世界の構造に迫ることも一切ない。まるで、過激なメッセージを声高に叫び続けてきたシャウト系ロックンローラーが、明日へのささやかな希望を歌うフォーク歌手に転向してしまったような印象を受けるほど、予想外な物語に落胆を覚える。

いや、オリバー・ストーンをしてここまで抑制の効いたタッチにさせた事実を直視し、未曾有のテロによる傷は癒えていないと解釈すべきかもしれない。現に全米の批評家や大衆は、概ね好意的に受け入れている。絶望感を振り払う過程で必要とされた映画であることは確かだろう。

清水節 shimizu

関連コンテンツ

インタビュー

ウィル・ヒメノ氏インタビュー
インタビュー

9・11米同時多発テロで、惨劇の舞台となってしまったニューヨークのワールド・トレード・センター。現場の救助活動中にビルの崩壊に巻き込まれながらも、奇跡の生還を果たした2人の警察官の物語を、社会派オリバー・ストーン監督が映画化した「ワー...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全10件)
  • 9.11 私は当時高校生で、朝起きて母に 「NYで大変なことが起こった」 と言われても、眠さに負けて、ただボーッとTVを見ていただけでした。 事の次第を理解したのは夜のニュースで、それでも結局、あまりの事... ...続きを読む

    runa runaさん  2016年10月2日 17:27  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 「ワールド・トレード・センター」を観て・・ ネタバレ! ...続きを読む

    亮一君 亮一君さん  2016年5月1日 02:02  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 最悪の悲劇の中で描かれる人の美しさ 人ひとりにはそれぞれ、その人を愛し、その命の行方を心から案じる大勢の人がいて、そのひとりの命を救うために命をかける数えきれないほど多くの人々がいる。たった数人の悪意が一瞬で数千もの命を奪った惨劇... ...続きを読む

    Nobu Nobuさん  2015年12月19日 02:45  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ラ・ラ・ランド ラ・ラ・ランド アーティストの悲哀と恋愛の悲哀。2種の悲哀が絡み合って切ないドラマを生む
  • 愚行録 愚行録 単なる露悪的なカリカチュアを越えた、確かなリアリティが息づいている
  • ナイスガイズ! ナイスガイズ! 1970年代的な荒っぽい見せ場と血の通ったキャラクターに胸が弾むバディ活劇
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi