トラフィックのレビュー・感想・評価

メニュー

トラフィック

劇場公開日 2001年4月28日
8件を表示 映画レビューを書く

悪顔名優ベニチオ・デルトロ!

俳優達の演技で勝負している感の強い作品。

シンプルな映像とは裏腹に複雑に進行する場面構成。
一時も目がはなせない。油断するとホントに置いていかれる(笑)

99パーセントの悲しみと1パーセントの希望が心に響く映画。

にゃんた
にゃんたさん / 2016年5月12日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

麻薬流通

麻薬を中心に絡み合う人々。メキシコ、ワシントン、カリフォルニアでの話が同時進行。
B. デル・トロのゲイの演技が印象的。

pazoo
pazooさん / 2015年4月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

久しぶりに

見た。ガーディアンズを見てベニチオが出てた事に驚きと嬉しさのあまり。この作品のラストシーンはホントにいい。なんかドン底から這い上がって見た光みたいで。しかし妻、と言うか妊婦は強し☆

がい
がいさん / 2014年10月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2回目でやっと理解 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

難しかったので2回観てやっと理解した。

3つの場面は視覚的にわかりやすく区別されていて、大抵の人はわかる笑
それぞれの人物や事件が絡み合う様子は複雑で、絶対に置いていかれてはいけない!

娘がヤク中は嫌だなぁ〜でも、それだけ身近にあるものだってことかね

チヌテ
チヌテさん / 2014年7月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「どうしよう?」「どうする?」×2←お気に入り ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

場所ごとに色合いが変わるというのはいいアイデア。
それがなかったらちょっとわかりにくいかも。それぐらい話がコロコロ
変わっていく。

現実をこれでもかと突きつけられて、内容はかなり重め。
まあ麻薬の話なんだから当然といえば当然なんだけど、最後には
ハッピーエンドっぽい終わり方。

でも現実は麻薬がなくなることなんかないわけで、ただちっちゃいちっちゃい事件が解決しただけ。

世界中にあの娘みたいな犠牲者が増え続けると思うと悲しいなあ。

ゼリグ
ゼリグさん / 2012年10月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スティーブン・ソダーバーグ!!

いくつかの話が同時進行で進んでいくので少し難しく感じられる方もいらっしゃるかもしれませんがそれを踏まえてみればわかりやすいかと思います。

人の心も肉体も蝕んでいく麻薬を色々な目線からとらえています。売る側も買う側も結局は麻薬に蝕まれてしまい人間はなんて弱い生き物かと考えさせられます。

スティーブン・ソダーバーグ監督、彼の作品はとても深いです。オーシャンズシリーズ以外にも素晴らしい作品がたくさんあるので一度チェックして見てください。

ようすけ
ようすけさん / 2009年7月20日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画好きでよかったって思える作品です

とてもとても、ほんとうにとても素晴らしい作品です。こういう作品に出会えると、おおげさですが生きてて良かったって思えます。

監督はスティーブン・ソダーバーグ。「セックスと嘘とビデオテープ」でカンヌ・パルムドールを最年少で取ったアメリカ人で、それから長いスランプを経験されました。本作は、長い停滞から脱して本物の監督に変身した記念すべき作品です。

内容は、ドラッグ取引(=トラフィック)を巡っての群像劇。北米自由協定(NAFTA)が皮肉にも追い風になって巨大産業になった麻薬ビジネスが、アメリカとメキシコのアングルから多角的に描き出されます。それぞれの世界で苦闘する人間たちがそれでもと心に温める「希望」が、エンディングに向かうにつれて活き活きと浮かびあがってきます。

映像の調光が素晴らしく、まるで美術館に来たかのような美しい表情が、ストーリーが重苦しくなるのに対比して、色々な人から見えてくるようになります。とくにベネチオ・デルトロのエンディングの表情は最高です。

ソダーバーグのストーリーテリング術には最先端の哲学が色濃く影響していて、「物語」という概念は従来のものから刷新され、この世界の新しい見方を提示しています。それ以降の映画の多くが本作に影響を受けていることがよく分かりました。

目の覚める映画でした。

あんゆ~る
あんゆ~るさん / 2009年7月19日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD、CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

麻薬密売を巡る群像劇

麻薬取引の闇売買ルート(トラフィック)とそれを巡る人々の群像劇。

多くの登場人物が出てくるんですが、誰が主役ということはなく、全員が主役であり脇役であり【トラフィック】の一部であるというところが面白いです。

複数の場所の複数の物語が同時進行的に進んでいくので、油断していると話についていけなくなるかもしれません。
とは言え、最後までグイグイと引っ張っていく力強さのある作品だと思います。

この作品を観ると、麻薬という物がどれだけ一般社会に入り込んでいるのか?ということを考えさせられて、暗い気持ちになります。
ただ一つ。ラストシーンだけは『救い』がありますね。

だいすけ
だいすけさん / 2009年3月3日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi