タイムライン(2003) 特集: マイケル・クライトン――稀代の天才作家が映画史に残した足跡

ホーム > 作品情報 > 映画「タイムライン(2003)」 > 特集 > マイケル・クライトン――稀代の天才作家が映画史に残した足跡
メニュー

タイムライン(2003)

劇場公開日 2007年1月17日
2004年1月9日更新

04年正月映画第2弾として登場する「タイムライン」。数々のベストセラーで知られるマイケル・クライトンは、人類永遠の夢“タイムトラベル”をどんな形で料理したのか? これまでの同ジャンルの作品とどこが違うのか? 稀代の天才作家の足取りを紹介しつつ、「タイムライン」を観るためのポイントを整理してみよう。

マイケル・クライトン──稀代の天才作家が映画史に残した足跡

(編集部)

マイケル・クライトン マイケル・クライトン

「琥珀のなかに何万年も閉じ込められていた“蚊”が吸った恐竜の血液からDNAを採取し、現代にその巨体を蘇らせる」。そのウルトラC的ストーリー設定を、スピルバーグとILMが見事に影像化した「ジュラシック・パーク」は、まさに映画史に残る作品だ。そして、その原作者こそがマイケル・クライトンなのだ。

42年シカゴ生まれ。オックスフォードとハーバードに学び、マサチューセッツ工科大学で教鞭を取ったこともあるクライトンは、処女小説「緊急の場合は」で68年にデビュー、翌年の「アンドロメダ病原体」が早くも映画化され、本もベストセラーに。以後、発表する作品は次々ベストセラーとなり、そのうち「ジュラシック・パーク」「ディスクロージャー」「ライジング・サン」など12作が映画化されている。このほかクライトンは、「コーマ」「大列車強盗」など7本の映画で監督も務め、人気TVシリーズ「ER 緊急救命室」の企画と製作総指揮を手がけるなど、実に多くの映画やTVに携わっている。

映画と相性のいい作家としては、クライトンの他にスティーブン・キングジョン・グリシャムトム・クランシーなどがいるが、例えば彼の98年(「ロスト・ワールド」が公開された翌年)の収入は6500万ドル(約70億円)に達したといわれ、他の3人の作家と比べても断然高収入だ。ここでは、彼の原作のうち、これまでに映画化された12作をリストアップしてみよう。

1971
アンドロメダ
原作(監督:ロバート・ワイズ

1972
「殺しのカルテ」
原作(監督:ブレイク・エドワーズ

1972
「暗殺・サンディエゴの熱い日」
監督・原作

1974
電子頭脳人間
原作(監督:マイク・ホッジス

1978
「大列車強盗」
監督・原作・脚本

1993
ジュラシック・パーク
原作・脚本(監督:スティーブン・スピルバーグ

1993
ライジング・サン
原作・脚本(監督:フィリップ・カウフマン

1994
ディスクロージャー
原作・製作総指揮(監督:バリー・レビンソン

1995
コンゴ
原作(監督:フランク・マーシャル

1997
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク
原作(監督:スティーブン・スピルバーグ

1998
スフィア
原作・製作(監督:バリー・レビンソン

1999
「13ウォーリアーズ」
原作・製作(監督:ジョン・マクティアナン

「タイムライン」 「タイムライン」

その多作ぶりと、ジャンルに囚われないマルチな才能には、今さらながら驚異の一言。そんなマイケル・クライトンの、全米150万部を超えるベストセラーにして最新映画化作品が、1月17日に公開される「タイムライン」というわけだ。

今回のプロットもまた、我々の想像力を掻き立てる。「フランス、ドルトーニュ地方。14世紀の遺跡発掘現場から見つかったのは、現代のメガネのレンズと"Help Me(助けて)"と英語で書かれた手紙。それは過去に消えた歴史学者E・ジョンストンが、遥か600年前から教え子たちに放ったSOSのメッセージだった……」。もう、つかみはバッチリOK。そして、14世紀からのSOSに気づいた教授の息子クリス(ポール・ウォーカー)と発掘チームの仲間たちの時空を超える冒険が繰り広げられるわけだが、この驚異のタイムトラベルについては次ページで。

「タイムライン(2003)」の特集

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

クライトン原作を冒険アクションにした潔さがいい
映画評論

マイクル・クライトンのベストセラー小説の映画化には、常に同じ問題がつきまとう。それは、原作の持つ膨大な情報量を、どうやって映像作品に移し換えるかということだ。クライトンの小説は、文章ならではの利点を生かして、扱っている題材についての広...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す