海を飛ぶ夢 : 映画評論・批評

メニュー

海を飛ぶ夢

劇場公開日 2007年4月16日
2005年4月1日更新 2007年4月16日よりシャンテシネほかにてロードショー

尊厳死を正面から捉えた感動作

画像1

過去3作で新たなサスペンスのジャンルを開拓してきたスペインの新鋭アメナバール監督の新作は、自国で起きた事件をベースに尊厳死を正面から捉えた意欲作。

事故によって自由を失った男ラモンが、自死の権利を勝ち取るために闘うストーリーは、これまでの監督の作風とは大きく異なるように思える。自身が「死の中に生を見る、という点ではこれまでと変わらない」と語るが、トリッキーなオチがないだけに、4年をかけてこの実話を映像化しようとした真摯な想いが伝わってくる。

彼を取り巻く人々の生き生きとした描写、彼を愛する女たちが持つ物語、空想のうちに空を飛ぶシーン。すべてが素晴らしく、また、最後に彼を送り出す家族たちの表情には、胸をうたれずにはいられない。

特筆すべきは主演ハビエル・バルデムの存在だ。特殊メイクで病床の中年男に扮しながらも、強い意志と深い洞察力を持ち、毒舌とユーモアを忘れないラモンを首から上だけで演じきり、同時に何人もの女性から求愛された事実を無理なく感じさせるだけの魅力に溢れている。

彼を救うことは彼を死なせること、という究極の矛盾をはらみながらも、悲しむべき結末に救いを感じるのは、このラモンというキャラクターがあってこそなのだ。

(編集部)

関連コンテンツ

インタビュー

アレハンドロ・アメナバール監督インタビュー
インタビュー

“若きヒッチコック”と呼ばれ、サスペンスフルな作風で注目を集めてきたアレハンドロ・アメナバール監督が描いた人間ドラマ「海を飛ぶ夢」は、本年度アカデミー賞外国語映画賞をはじめとるする数々の映画賞を受賞し、監督の評価をさらに高いものとした...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全3件)
  • 人生は本当に素晴らしいのか ネタバレ! ...続きを読む

    きのこの日 きのこの日さん  2014年12月18日 02:18  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • 視聴者に双方の意見を聞かせ考えさせる 総合:75点 ストーリー: 75 キャスト: 75 演出: 75 ビジュアル: 70 音楽: 75  何があってもどんな環境におかれても、生きるということが最優先とする価値... ...続きを読む

    Cape God Cape Godさん  2013年3月4日 00:52  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • 最期を選ぶ。。 ハビエルバルデム、本当に更年期のおじさんに見える。 この映画は予告を見てからずっと気になっていました。 音楽が良いですね。主人公も実在の人物を描いているので、現実感を感じながら観られました。 ...続きを読む

    静秋 静秋さん  2012年12月14日 20:10  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi