スクール・オブ・ロック 特集: ロックのトリビア(4)

メニュー

スクール・オブ・ロック

劇場公開日 2004年4月29日
2004年4月22日更新

ロックのトリビア

ザックの才能のほどは… ザックの才能のほどは…

◆ザックの才能

遂に、ザックが自分で曲を書いた。でも、聴かせたくないという。そんな彼に向かってデューイは言う。「聴きたいんだよ、カート・コバーン!」。カート・コバーンとは、言わずと知れたニルバーナのフロントマン。人気絶頂期に銃で自殺、2004年4月には10回忌を迎えた。

◆サマーの野望

デューイの嘘がばれる直前。PTAの会合で子供達の言動を不審がる親達。サマーのお母さんは「なんでうちの娘がデビッド・ゲフィンに熱を上げているんでしょう」とデューイを詰問。デビッド・ゲフィンは、エンターテインメント業界で最も成功した人間のひとり。クロスビー、スティルス&ナッシュらのマネージメントを経てアサイラム・レコーズを設立。それが軌道に乗ると、今度はゲフィン・レコーズを立ち上げ、多くの大物を引き抜いた。後にレーベル方針と折り合いがつかず去って行く人もいたが、ジョニ・ミッチェル、エルトン・ジョン、ニール・ヤング、それにジョン・レノンらが在籍。また90年代には、ニルバーナ、ガンズ・アンド・ローゼズ、ソニック・ユース、BECKなどを擁し、当時業界人の間では「ゲフィンものなら間違いない」と太鼓判を押されるほどだった。ミュージカルのプロデュースや映画制作も手がける。

サマー サマー

◆バンド・バトル

全米各地で頻繁に催されるこの手のイベント。劇中では、FMラジオ局WROKが主催となっている。WROKは架空のラジオ局(実際アメリカには同名のAM局やローカルTV局がある)。賞金がもらえる場合もあれば、全国区の大規模イベントやコンサートへの出演権、はたまたレコード契約権を獲得できる場合もあり。

◆カメオ

バンド・バトルのシーンに、ムーニー・スズキがカメオ出演。「誰それ?」などと言うなかれ。本映画の「メイン・テーマ」を作曲したのが、ニューヨークを拠点にするロックン・ロール・バンド=ムーニー・スズキのフロントマン、サミー・ジェイムス・ジュニアであることは覚えておいて欲しい。作詞はネッドことマイク・ホワイトが担当。

◆デューイのユニフォーム

バンド・バトル バンド・バトル

ステージに立ったデューイの衣装(半ズボン、ネクタイ、ジャケット)は、明らかにアンガス・ヤング(AC/DC)を意識したもの。本家はスクール・ユニフォーム(もちろん半ズボン)に身を包み、ランドセル背負うこともあり。ここまでくると、変なおじさんの域を超越。

◆ザックの変身

ラスト。放課後教室となったデューイの部屋でギターを弾きまくるザックが着用しているのは、ラモーンズTシャツ。クールっす!

「スクール・オブ・ロック」の特集

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ジャック・ブラック先生、よくお判りです
映画評論

世にロックな映画は数あれど、これほど「ロックそのもの」に直接アプローチした映画は稀だろう。本作はロックという“音楽ジャンル=生き方・思想”の中でも、最も骨太な部分に基づいて徹頭徹尾、形作られているのだから。それが内外問わず、「元ロック...映画評論

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す