マッチポイント : 映画評論・批評

メニュー

マッチポイント

劇場公開日 2005年8月19日
2006年8月15日更新 2005年8月19日よりシネスイッチ銀座ほかにてロードショー

イギリスだからこそ生まれた新たなウッディ・アレンの世界

画像1 (C)JADA PRODUCTIONS 2005

ウッディ・アレンの新作「マッチポイント」では、ジョナサン・リース・マイヤーズ演じる、野心と愛欲の間で揺れる青年の苦悩が描かれる。普通は野心と純粋な愛の間で悩むものだが、秤にかけられるのが肉体的官能というのは、相手がスカーレット・ヨハンソンだからか。ヨハンソンの若さからくる自信や勢いは肉感的な体を通して強い光を放っており、ウッディの眩しそうな顔が目に浮かぶようだ。

新生ウッディの世界は新しいミューズのお陰だけではない。この作品は“It's not fair!"が口癖の、フェアなことなど存在しない皮肉たっぷりのイギリスだからこそ生まれたものだと言える。大体イギリスでなければ、彼はいつもの軽い皮肉を飛び越え、こんなブラックでねじれたラストにしただろうか。これは「運」というより、実にイギリス的なフェアについての物語なのだ。また同じ英語でも、独特のニュアンスを持つイギリスのアッパー・イングリッシュの台詞は、今までの作品とはまったく異なる新たな言葉のリズムを生み出し、(ウッディ映画では言葉のリズムが重要なだけに)それに従って歩くリズムや街のリズムも変化、作品の空気密度が大きく変わった。この映画の成功は、観客に新鮮な世界を提供したことではない。彼がイギリスで撮る意義を見つけたことにあるのだ。

(木村満里子)

関連コンテンツ

特集

スカーレット・ヨハンソン“魔性”の小歴史
特集

近年、実力と美貌を兼ね備えた若手女優として引く手あまたのスカーレット・ヨハンソン。主演最新作となるウッディ・アレン監督作「マッチポイント」公開を記念して、彼女のセクシャルな話題をまとめてみた。(文・構成:編集部)まだ21歳だが、その年...特集

インタビュー

スカーレット・ヨハンソン インタビュー
インタビュー

ウッディ・アレンが新たに見出したミューズ……それは、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのスカーレット・ヨハンソンだった。思えば老若問わず魅力あふれる女優を毎回起用しているウッディ・アレンなら、彼女に目をつけるのも時間の問題だったのだろう。そんな...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

マッチポイント(通常版)[DVD] マッチポイント[DVD] 奇跡のシンフォニー[DVD] 奇跡のシンフォニー Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ]
マッチポイント(通常版)[DVD] マッチポイント[DVD] 奇跡のシンフォニー[DVD] 奇跡のシンフォニー Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2007年2月2日 最安価格: ¥5,076 発売日:2015年12月16日 最安価格: ¥1,000 発売日:2008年10月22日 最安価格: ¥3,256 発売日:2016年11月16日 最安価格: ¥3,036
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全25件)
  • よく出来ている ネタバレ! ...続きを読む

    みきねこ みきねこさん  2018年3月21日 19:54  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 運がいいのか悪いのか ウディアレン監督によるシリアス路線。筋はありきたりだが様々な要素を散りばめてるところがウディっぽい。 テニス・ドストエフスキー・悲劇オペラ・ギリシャ・人生に大切なものは運。 ラストどちらに転... ...続きを読む

    散歩男 散歩男さん  2017年12月15日 17:51  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • あなたの行動はほころびだらけよ 抜けた連中のありきたりな展開。最後に落としてくれなければ許さんぞと思いながら観てたが、多少の落差で何とか形にした。スカーレットヨハンソンの登場シーンでのフェロモンが凄かった。 ...続きを読む

    Kj Kjさん  2017年9月9日 03:11  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 君の名前で僕を呼んで 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$ パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi