ハリー・ポッターと賢者の石 : 映画評論・批評

ハリー・ポッターと賢者の石

劇場公開日 2001年12月1日
2001年11月15日更新 2001年12月1日より丸の内ピカデリー1ほか全国松竹・東急系にてロードショー

ライバルは「指輪」じゃなくて「スター・ウォーズ」?

画像1 (C) 2001 Warner Bros. All Rights Reserved.

ハリポタの特徴は、英国的な児童文学ファンタジーの伝統と、アニメ的な(おたく的な)軽さ/俗っぽさを融合させたこと。ポケモンやパワーパフガールと同時代のポップな学園ファンタジー。日本製マンガ/アニメと同じ文脈に置いてもほとんど違和感がない。

その意味で、クリス・コロンバスの映画版は英国の歴史と伝統を(あるいは原作の英国っぽさを)リスペクトしすぎている気もするが、アメリカの観客にとってはまさにそれがファンタジーなのだと思えばこれはこれで正解か。

いずれにしても、主役3人のキャラを完璧に掴んだ時点で、この映画の成功は約束されている。ダニエル・ラドクリフのハリーはもちろん、ロン(ルパート・グリント)もハーマイオニー(エマ・ワトソン)もすばらしい。

お子さま映画にもファミリー・ムービーにもせず、万人向けの作品に仕上げた手腕は賞賛に値する。

難点は、少々長すぎるのと、原作に忠実過ぎること。小説で読んでも説得力がなかったクィディッチのルールなんか、映画で見るともっと説得力がないもんなあ。1本の映画としては、クライマックスが著しく盛り上がりに欠け(チェスの場面はダメすぎ)、竜頭蛇尾の印象もあるが、シリーズ第1作としてはとくに致命的な傷にはならない。ジョン・ウィリアムズの音楽ともども、すでにインスタント・クラシックの風格だ。ライバルは「指輪(ロード・オブ・ザ・リング)」じゃなくて「スター・ウォーズ」?

(大森望)

関連コンテンツ

特集

「ハリー・ポッターと賢者の石」ロンドン・プレミアレポート(1)
特集

レポート:森山京子ロンドンで、「ハリー・ポッターと賢者の石」のワールド・プレミアを取材してきたゾ。会場のオデオン座があるレスター・スクエアは、広場の周囲にぐるりと映画館が並んでいる、東京で言えば歌舞伎町みたいな所。広場はもっと大きいけ...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全38件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ライフ ライフ 「エイリアン」の衣鉢を継ぐ宇宙サスペンスは、予想をくつがえすラストがトラウマ級!
  • オクジャ okja オクジャ okja 活劇の醍醐味に満ち、国境もジャンルも自在に超える少女と巨大怪物の大冒険
  • ヒトラーへの285枚の葉書 ヒトラーへの285枚の葉書 兵役で息子を失った夫婦の孤独な抵抗。映画化に至る経緯も奇跡的
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi