ディパーテッド インタビュー: マーティン・スコセッシ監督インタビュー(2)

ホーム > 作品情報 > 映画「ディパーテッド」 > インタビュー > マーティン・スコセッシ監督インタビュー(2)
メニュー

ディパーテッド

劇場公開日 2007年1月20日
2007年1月25日更新

マーティン・スコセッシ監督インタビュー

佐藤睦雄

──ジャック・ニコルソンとは、“B級映画の帝王”ロジャー・コーマンの時代から30年以上も友人であったはずです。初コラボはいかがでした?

自分なりのプロセスで役を演じていたニコルソン 自分なりのプロセスで役を演じていたニコルソン 自分なりのプロセスで役を演じていたニコルソン

「70年代からずっと、いつか一緒にやろう、いつか一緒にやろう、とつねに言い続けながら、決して何かがうまくいかなくて実現しなかった。コーマンのもとでは一緒にできた仲だからね。この映画でも彼はゼウスのようで、キング・オブ・ゴッドだった。なんでも演じられた。ニコルソンが演じたフランク・コステロは、『暗黒街の顔役』(1932)のポール・ムニのように、腕力のみでのし上がった男で、彼のテーマとして流れるドニゼッティのオペラのような無惨な末期を迎える。狂乱の人生なのさ。普段、私は脚本家や俳優たちと十二分に話し合ってキャラクターを掘り下げていく。それが私のやり方だ。レオも、マットもそうやった。例えば、マーク(・ウォールバーグ)とアレック(・ボールドウィン)の関係について、『アボット&コステロ(注:1940年代に人気があった凸凹お笑いコンビ)のような関係だぞ』とアドバイスしたりした。ところがニコルソンは自分なりのプロセスを愉しんでいた。その身ぶりはフランク・コステロの腕力を表現するのに申し分ないものだったが……。他の俳優とは十二分に話し合えた。私たちが一緒に仕事できたという事実に変わりはないがね」

──遠藤周作の「沈黙」はどこまで進みましたか? 一説に、編集者のセルマ・スクーンメイカーさんに編集作業をまかせて、「沈黙」の脚本書きのため、ホテルに籠もったそうですが。

「ノー。この映画の編集に11カ月かかっている。ハリウッドの中でもこんなに時間をかける、のろいコンビはいないだろうな(笑)。セルマとはそのあいだ、ずっと一緒だったよ。『沈黙』に関しては、脚本家(ジェイ・コックス)との作業が完全に終わったところだ。今現在、ファイナンスにとりかかっているところだ(注:ワーナー・ブラザースとの契約で製作される予定)」

──誰が主役のロドリゴ神父を演じるのですか?

画像3

次回作で念願の「沈黙」に取り掛かる

「それはまだ言えない。ひとりが演じることは決まっているがね(笑)」

──誰が長崎奉行を演じるのですか?

「名前を言うと、プロジェクトが流れるという迷信があってね。勘弁してくれ」

──ローリング・ストーンズのライブドキュメント映画の撮影は終了したのですか?

「『ディパーテッド』が完成してすぐに、ミック・ジャガーたち4人のメンバーから依頼があった。彼らは40年以上もアメリカのミュージック・ビジネスで成功した者たちだ。私はすぐに契約して、彼らのツアーは2年にもわたる大がかりなものだったが、ニューヨークの小さな建物(注:ビーコン・シアター)に、何台ものカメラを持ち込んで彼らをとらえた。コンサートシーンの撮影はすべて済んで、今まさに編集の真っ最中だ」

──「ボブ・ディラン:ノー・ディレクション・ホーム」における「ライク・ア・ローリング・ストーン」のようなエンディングを飾る曲は決めましたか?

「ああ。たぶん、みんなが大好きなストーンズの曲だ。楽しみにしてほしい」

インタビュー

関連コンテンツ

特集

取材後記
特集

前日の記者会見での“爆弾発言”を受けてその真意を訊いてみたが、わずか10分間という少ない持ち時間の中で、たくさん訊くことができた。それにしても、なんという早口、なんという饒舌だろうか。彼の怒りの原因はやりたくなかった仕事への嫌悪感から...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

物語の魅力とは異なる、映画の醍醐味がこの作品にはある
映画評論

「グッドフェローズ」以来、久々にホレボレするクライムストーリーだ。ワルとデカが互いに“ネズミ”(潜入者)を送り込んだことから悲劇を招く。筋立てはご存じ香港スリラー「インファナル・アフェア」の焼き直しだ。だが物語ばかり追いかけると見逃し...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ディパーテッド[DVD] ディパーテッド[DVD] ディパーテッド 特別版[DVD] ディパーテッド[Blu-ray/ブルーレイ]
【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ディパーテッド[DVD] ディパーテッド[DVD] ディパーテッド 特別版[DVD] ディパーテッド[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2016年1月13日 最安価格: ¥1,080 発売日:2010年4月21日 最安価格: ¥927 発売日:2007年6月8日 最安価格: ¥2,932 発売日:2010年4月21日 最安価格: ¥982
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全53件)
  • 何回みても素晴らしい 今回で3回目くらいです。 かなり綿密に描かれていて、何回みてもすごいなー。と思います。 なんか人のことを信用出来なくなりそうな、、、レオの演技を見ていると、自分自身ですら、演じている自分なのか本... ...続きを読む

    pippin555 pippin555さん  2017年12月31日 20:47  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 最後が何か呆気ない 色々と疑問はある作品だとは思う。潜入調査を行うディカプリオ演じるコスティガンの目の前で、あれだけの暴力と違法取引やっているのであれば、もう十分に現行犯逮捕出来るのではないだろうか。潜入調査が疑わ... ...続きを読む

    321 321さん  2017年9月18日 17:07  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 見たまんま❗️ 何かスペシャルドラマのダブルフェイスに似てるなと感じてインターネットで調べたらどっちも香港映画のインファナルアフェアのリメイク版だった‼️ て言うか映画の紹介のところに乗ってた気づかなかった(^^;) ...続きを読む

    たか たかさん  2017年7月16日 23:56  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 悪と仮面のルール 玉木宏×新木優子“刹那”に刻んだ究極の愛、そして結実した“最高の価値”
  • インタビュー 戦狼 ウルフ・オブ・ウォー アジア歴代No.1ヒット作を生み出した男、ウー・ジンの「命を使って飯を食う」覚悟
  • インタビュー 嘘八百 中井貴一&佐々木蔵之介&友近“全員主役”になって作り上げた味わい深いコメディ
インタビューの一覧を見る
Jobnavi