キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン インタビュー: スピルバーグ、ディカプリオ、ハンクス勢揃いインタビュー(2)

ホーム > 作品情報 > 映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 > インタビュー > スピルバーグ、ディカプリオ、ハンクス勢揃いインタビュー(2)
メニュー

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

劇場公開日 2003年3月21日
2003年3月15日更新

スピルバーグ、ディカプリオ、ハンクス勢揃いインタビュー

前のページから続く

――ハンクスさんも、ディカプリオさんも、ご自身の名声を生かして、よりチャレンジングな作品の映画化を実現させていますよね。

ディカプリオ:「意識的にやっているわけじゃないんだけれどね。脚本を読んだとき、このストーリーを伝えたい、って思うか思わないかが、出演するかどうかの判断基準。で、ぼくがぜひ伝えたいと思うストーリーっていうのは、いままで映画化されたことのないようなものだったりするわけで、自然とインディペンデント的な作品を選んでしまう、ってことはあると思う」

画像1

ハンクス:「実はぼくは最近こういう役をあまりオファーされないんだ。たぶん、タイプじゃないと思われているからだと思うんだけど。でも、ぼくとしてはどんな役でも挑戦してみたいし、観客もきっと受け入れてくれると信じている。エモーションがちゃんとあれば、観客はどんな映画でも受け入れてくれると思うんだ。キャラクターもプロットも、映画上の仕掛けも全部。いまはDVDやビデオのおかげで、どんな作品でも手に入る。この時代、観客が求めているのは、サプライズなんだ。観客を驚かし続けるのは、難しいことだけどね」

――お三方に今年度のベストムービーを選んでいただきたいのですが。

スピルバーグ:「わたしは発言を控えさせてもらうよ。いまは賞レースの真っ最中で、うかつにコメントすると、あとでいろいろまずいことになってしまう。立場的にいろいろあってね(笑)」

――なるほど(笑)

画像2

ディカプリオ:「ぼくは平気だから言わせてもらうけど、自分が参加させてもらった2本の映画(『ギャング・オブ・ニューヨーク』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』)を無視すれば、『千と千尋の神隠し』がベストだと思う。ぼくがいままで見たどの世界とも違ったオリジナルな世界観で、2時間の上映中、ファンタジーのなかに完璧に浸ることができた。あの映画には日本的な要素が多分にあるんだろうけど、同時にそれだけじゃないものも見て取れて、別の惑星かなんかで作られた映画を観ているような気分だったよ」

――監督は「千と千尋の神隠し」をご覧になりましたか?

スピルバーグ:「もちろん大好きな作品だよ。実はレオからずっと勧められていて、2週間ほどまえに、家族と一緒に観たんだ。幼い連中は怖がったけれど、終わったとたんにもう1回観たいって言い出して。わたしが特に気に入ったキャラクターは、空腹のゴーストだ。お面をかぶった」

――あ、カオナシですね。

スピルバーグ:「そうそう。本当に素晴らしい作品で、映画の中盤になるころには、アニメーションを観ていることを忘れ、卓越したおとぎ話に入り込んでいた。素晴らしく、天才的な作品だと思う」

ハンクス:「そんなに素晴らしいんなら、ぜひぼくも観ることにするよ」

画像3

――では、ハンクスさんとディカプリオさんにお訊きします。一番好きなスピルバーグ作品はどれですか?

ハンクス:「そんな難しい質問はないよ。でも、いま選ぶなら『未知との遭遇』だね。つい最近DVDで観たから、ってのが理由なんだけど(笑)」

――(笑)

ハンクス:「あの映画は、ぜんぜん古びていなくて、はじめて観たときと、まったく同じ輝きを持っていた。それにはほんとうに驚いたよ。あの映画が公開されたのは、いつだったっけ?」

スピルバーグ:「77年だね」

――ディカプリオさんは?

画像4

ディカプリオ:「えっと、ぼくの場合、『シンドラーのリスト』がものすごい傑作だと認めないわけにはいかないんだけど、同時に、『ジョーズ』ファンの自分をどうしても抑えることが出来なくて。『ジョーズ』って最高だよね」

ハンクス:「それに、初期の作品をあげたほうが、無難だしね。映画通っぽいし(笑)」

ディカプリオ:「『シンドラーのリスト』も、もちろん大好きですよ(笑)」

ハンクス:「そりゃ、もちろん! スティーブンは、傑作を作りすぎてるんだよ。普通の監督だったら、せいぜいひとつなのに、スティーブンの場合9作ぐらいはあるからね」

スピルバーグ:「(苦笑)」

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

スピルバーグにこんな一面があったとは!
映画評論

スピルバーグはアクションと思っていた。が、彼にこんな一面もあったとは! センシティブで優しい、いままでにないスピに出会えるのが、この作品だ。ここに登場するママは現実的で自己チュー。パパが破産したらすぐに他の男に乗り換え、新しい幸せに浸...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全40件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 3月のライオン 後編 神木隆之介&染谷将太、演じることが“存在証明” ハマリ役に出合った「3月のライオン」
  • インタビュー ブルーハーツが聴こえる 李相日監督&豊川悦司が放つ「THE BLUE HEARTS」の魂を込めた不変のメッセージ
  • インタビュー 暗黒女子 飯豊まりえ「暗黒女子」で見せた女優としての“進化”と“真価”
インタビューの一覧を見る
Jobnavi