ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
ホーム > 作品情報 > 映画「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」
メニュー

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

劇場公開日

解説

2001年の大ヒット作「ブリジット・ジョーンズの日記」の続編を同じ主演陣で映画化。監督は「3人のエンジェル」「輝きの海」のビーバン・ギドロンに交替。前作の6週間後、弁護士のマークとの交際を始めて幸せいっぱいのブリジットだったが、マークと彼の美人アシスタント、レベッカの仲が怪しいとの噂を聞いて不安になり、さらに誤解が重なってマークと大ゲンカしてしまう。主演のレニー・ゼルウィガーは前作以上の体重増を敢行。

作品データ

原題 Bridget Jones: The Edge of Reason
製作年 2004年
製作国 アメリカ
配給 UIP
上映時間 108分

受賞歴

第62回 ゴールデングローブ賞(2005年)

ノミネート
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) レニー・ゼルウィガー

インタビュー

コリン・ファース インタビュー
インタビュー

前作から4年、世界中の女性の共感を呼んだブリジット・ジョーンズがますますパワーアップして(体重まで増やして)帰ってきた。相変わらずのドジぶりを発揮するブリジットと同様、相変わらず堅物で生真面目なブリジットの最愛の人、マーク・ダーシーを...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ブリジット・ジョーンズの存在意義を再認識?
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月の映画評論・批評

人間とは、幸せになったら幸せになったで、新たな悩みを抱え込まずにいられない生き物。人気シリーズ第2弾は、そんなトホホな真理を浮かび上がらせているあたりが、見事なのだが! しかし、哀しいことに、映画そのものもトホホな仕上がり。なぜか? ...ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全16件)
  • ブリジット巨大化 シリーズ2作目。 早とちりして、人の話は聞かない、そして思ったコトをそのまま言ってしまい失言の連続… 男目線で見ると、ひくぐらいのドジ… 女性ウケは良いみたいだけど、やっぱし男ウケは悪そうやなぁ... ...続きを読む

    n.yamada n.yamadaさん  2016年11月27日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 会いたい人に会いたくなった。 でも終始笑わせてくれたブリジットに乾杯 会いたい人に会いたくなった。 でも終始笑わせてくれたブリジットに乾杯 ...続きを読む

    べーちゃん べーちゃんさん  2016年11月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 可愛いくみえる やる事は失敗ばかり、タバコも辞められず、体もブクブクで駄目な女だけど、何にも縛られず、真っ直ぐで、自分に正直。人間味に溢れ笑顔も魅力的。 多分、映画を見たほとんどの人がブリジットを応援したくなる... ...続きを読む

    トタ助 トタ助さん  2016年10月30日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi